直径の大きい恒星の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

直径の大きい恒星の一覧(ちょっけいのおおきいこうせいのいちらん)は、直径の大きい恒星の一覧である。地球からみた大きさではなく、その星の実際の直径をさす。

直径の大きい恒星の一覧
固有名 半径
太陽 = 1)
備考
ウェスタールンド1-26 1,951–2,544 [1][2][3] 非常に不確実。
たて座UY星 1,708 ± 192[4]
はくちょう座V1489星 1,650[5] 2012年時点で、はっきりとわかっている中では最も大きな恒星。
いっかくじゅう座V838星 1,570 ± 400 [6] この恒星は非常に低温のスペクトルL型超巨星であり、2009年時点で太陽半径の380倍となるなど、数年間で1/4に縮小している[7]
WOH G64 1,540[8] 大マゼラン雲最大の恒星であるが、ハローの大きさではっきりしない大きさである。最近まで太陽半径の2000倍と思われていた。
いて座VX星 1,520[9] 脈動変光星でありサイズは変化する。
ケフェウス座V354星
いて座KW星 1,460
はくちょう座KY星 1,420–2,850 [10] 理論モデルと整合性があるのは下限値。上限はKバンドによる推定。
おおいぬ座VY星 1420[11][12] 最近まで宇宙最大の恒星で、1,800から2,100倍と思われていた[13]
ガーネット・スター(ケフェウス座μ星) 1,500以上
さそり座AH星 1,400 ± 120
ケフェウス座RW星
カシオペヤ座PZ星  
IRC-10414 1,200[14]  
りゅうこつ座EV星 1,168  
りゅうこつ座RT星 1,090  
ケフェウス座VV星A 1,050–1,900
りゅうこつ座V602星 1,050  
ペルセウス座S星 780 - 1,230  
ベテルギウス(オリオン座α星) 950 - 1,000 [15]
カシオペヤ座V509星
いっかくじゅう座V838星
カシオペヤ座TZ星 800
ペルセウス座RS星 740 - 800
りゅうこつ座V382星 700
アンタレス(さそり座α星) 510 [16]
ぎょしゃ座NO星 630
おおいぬ座VY星
(Massey-Levesque-Plez Model)
600 [17]
ペガスス座S星 580 [18]
ケフェウス座T星 540 [19]
オリオン座S星 530 [20]
うみへび座W星 520 [21]
おうし座CE星 510 [22]
カシオペヤ座R星 500 [23]
ペルセウス座T星 490-530
おおいぬ座δ星
はくちょう座χ星 470 [24]
ヘルクレス座α星 387
カシオペヤ座ρ星
ミラ(くじら座ο星)A 400[25]
りゅうこつ座η星
かじき座S星 100-380
かじき座R星 (en) 370
りゅうこつ座HR星 (en) 350
しし座R星 350 [26]
ピストル星 306
りょうけん座Y星
はくちょう座γ星
デネブ(はくちょう座α星) 108
カシオペヤ座6番星 217
LBV 1806-20
ぎょしゃ座ε星A 135±5 以前は半径比で太陽の2500~3000倍あると言われていた。
ぎょしゃ座ζ星 160 [27]
ペガスス座ε星
みなみじゅうじ座γ星
アンドロメダ座γ星
うさぎ座α星
リゲル(オリオン座β星) 78.9 ± 7.4
りゅうこつ座ε星
かんむり座R星
カノープス(りゅうこつ座α星)
オリオン座δ星
オリオン座ζ星
ペルセウス座α星 62
ふたご座ζ星 60
わし座η星 107 ± 11
りゅう座γ星 50
アルデバラン(おうし座α星) 43 [28]
こぐま座β星 42.06 ± 0.91
アルビレオ(はくちょう座β星)A1

出典[編集]

  1. ^ Clark, J. S.; Ritchie, B. W.; Negueruela, I.; Crowther, P. A.; Damineli, A.; Jablonski, F. J.; Langer, N. (2011). “A VLT/FLAMES survey for massive binaries in Westerlund 1”. Astronomy & Astrophysics 531: A28. arXiv:1105.0776. Bibcode 2011A&A...531A..28C. doi:10.1051/0004-6361/201116990.  編集
  2. ^ A bot will complete this citation soon. Click here to jump the queuearXiv:1209.6427v1. 
  3. ^ Clark, J. S.; Ritchie, B. W.; Negueruela, I. (2010). “A serendipitous survey for variability amongst the massive stellar population of Westerlund 1”. Astronomy and Astrophysics 514: A87. arXiv:1003.5107. Bibcode 2010A&A...514A..87C. doi:10.1051/0004-6361/200913820.  編集
  4. ^ [1]
  5. ^ Zhang, B.; Reid, M. J.; Menten, K. M.; Zheng, X. W.; Brunthaler, A. (2012). “The distance and size of the red hypergiant NML Cygni from VLBA and VLA astrometry”. Astronomy & Astrophysics 544: A42. arXiv:1207.1850. Bibcode 2012A&A...544A..42Z. doi:10.1051/0004-6361/201219587.  編集
  6. ^ B. F. Lane, A. Retter, R. R. Thompson, J. A. Eisner (April 2005). “Interferometric Observations of V838 Monocerotis”. The Astrophysical Journal Letters 622 (2): L137–L140. arXiv:astro-ph/0502293. Bibcode 2005ApJ...622L.137L. doi:10.1086/429619. 
  7. ^ Tylenda, R.; Kamiński, T.; Schmidt, M.; Kurtev, R.; Tomov, T. (2011). “High-resolution optical spectroscopy of V838 Monocerotis in 2009”. Astronomy & Astrophysics 532: A138. arXiv:1103.1763. Bibcode 2011A&A...532A.138T. doi:10.1051/0004-6361/201116858.  編集
  8. ^ Emily M. Levesque, Philip Massey, Bertrand Plez, and Knut A. G. Olsen (June 2009). “The Physical Properties of the Red Supergiant WOH G64: The Largest Star Known?”. Astronomical Journal 137 (6): 4744. arXiv:0903.2260. Bibcode 2009AJ....137.4744L. doi:10.1088/0004-6256/137/6/4744. 
  9. ^ Nicolas Mauron; Eric Josselin (2010年). “The mass-loss rates of red supergiants and the de Jager prescription”. arXiv:1010.5369 [astro-ph.SR]. 
  10. ^ Table 4 in Emily M. Levesque, Philip Massey, K. A. G. Olsen, Bertrand Plez, Eric Josselin, Andre Maeder, and Georges Meynet (August 2005). “The Effective Temperature Scale of Galactic Red Supergiants: Cool, but Not As Cool As We Thought”. The Astrophysical Journal 628 (2): 973–985. arXiv:astro-ph/0504337. Bibcode 2005ApJ...628..973L. doi:10.1086/430901. 
  11. ^ Wittkowski, M.; Hauschildt, P. H.; Arroyo-Torres, B.; Marcaide, J. M. (2012). “Fundamental properties and atmospheric structure of the red supergiant VY Canis Majoris based on VLTI/AMBER spectro-interferometry”. Astronomy & Astrophysics 540: L12. arXiv:1203.5194. Bibcode 2012A&A...540L..12W. doi:10.1051/0004-6361/201219126.  編集
  12. ^ Y. K. Choi; Hirota; Honma; Kobayashi; Bushimata; Imai; Iwadate; Jike et al. (2008). “Distance to VY VMa with VERA”. Publications of the Astronomical Society of Japan (Publications Astronomical Society of Japan) 60: 1007. arXiv:0808.0641. Bibcode 2008PASJ...60.1007C. 
  13. ^ [2]
  14. ^ Gvaramadze, V. V.; Menten, K. M.; Kniazev, A. Y.; Langer, N.; MacKey, J.; Kraus, A.; Meyer, D. M.-A.; Kamiński, T. (2014). “IRC -10414: A bow-shock-producing red supergiant star”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 437: 843. Bibcode 2014MNRAS.437..843G. doi:10.1093/mnras/stt1943. 
  15. ^ [3]
  16. ^ [4]
  17. ^ [5]
  18. ^ [6]
  19. ^ [7]
  20. ^ [8]
  21. ^ [9]
  22. ^ [10]
  23. ^ [11]
  24. ^ [12]
  25. ^ [13]
  26. ^ [14]
  27. ^ [15]
  28. ^ [16]

関連項目[編集]