直川公俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
直川 公俊 Football pictogram.svg
名前
愛称 kimi
カタカナ ノウガワ キミトシ
ラテン文字 NOGAWA Kimitoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-02-06) 1984年2月6日(34歳)
出身地 和歌山県日高郡由良町
身長 180cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム ZKSスタル・スタロワ・ウォラ
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

直川 公俊(のうがわ きみとし、1984年2月6日 - )は、イタリアサッカーリーグ・セリエDのクラブチームリカータ・カルチョの会長。和歌山県出身の元サッカー選手。ポジションはMF2007年にはアジア人として初となるアフリカンチャンピオンズリーグ出場を果たした。

来歴[編集]

小学4年からサッカーを始め、U-12和歌山県選抜に選出。由良FCやセレッソ大阪ジュニアユースでプレーし、中学卒業後和歌山県内の高校へ進学した。高校1年の頃U-17日本代表に選出される。

2年の終わり頃に立正大学淞南高校に転校し、冬の全国高校サッカー選手権大会に出場した。

高校卒業後、静岡産業大学へ進学するが、サッカー部に籍をおかず、海外留学への道を模索。 大学在籍時、ラホール・アカデミー・フィレンツェのサッカー留学支援にて、2003年2月からの2ヶ月間、イタリアセリエAブレシアに短期留学。ロベルト・バッジョジョゼップ・グアルディオラルカ・トニも当時在籍しており、共に練習をする機会に恵まれる。その後はブラジルに渡り、各クラブで練習生として修行を積んだ。

2004年1月にエクストラクラサグールニク・ザブジェと念願の選手契約を結んだ。6試合2アシストというまずまずの成績を残し、リーグ・アンASサンテティエンヌが興味を示す。 2005年9月にはルーマニア2部のFCMトラゴビスタと契約を結ぶ。 2004年12月23日に行われた前年6月のコンフェデレーションズカップ試合中に心臓発作急逝した元カメルーン代表MFフォエの追悼試合に招待され、サミュエル・エトオリゴベール・ソングなどのカメルーン代表選手とプレー。これをきっかけに、同国1部リーグのキャノン・ヤウンデに興味を持たれ、2006年に、翌年2007年1月からの9ヶ月間の契約で入団する事が決まった。 2008年1月には、イタリア2部のブレシアへの、2009年1月には、6ヶ月間の契約でポーランド2部のZKSスタル・スタロワ・ウォラへの移籍が決まった。

2004年、ポーランドに移籍した際、ズラタン・イブラヒモビッチパベル・ネドベドの代理人、ミノ・ライオラガブリエルがサポートをした。 2006年、イスラエル1部リーグ マカビ・ネターニャに練習参加した際、リオ・ファーディナンドスベン・エリクソンの代理人、またはチェルシーの会長ロマン・アブラモビッチのアドバイザー務めるビニ・ザハビがサポートをした。

2013年8月、イタリアのアマチュアサッカーリーグで、プロ(レガ・カルチョ)を含めると上から5番目の選手権であるセリエDのクラブチームであるリカータ・カルチョの会長に就任した。2013年8月現在、リカータ・カルチョにはジュビロ磐田ヴァンフォーレ甲府サガン鳥栖でプレーした犬塚友輔林洋人が在籍している。[1]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2003 ロンドリーナEC セリエB
ポーランド リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2004-05 グールニク・ザブジェ 1部 3 0
ルーマニア リーグ戦 リーグ杯ルーマニア杯 期間通算
2005 FCM トラゴビスタ 2部 2 0
フランス リーグ戦 F・リーグ杯フランス杯 期間通算
2006 ポルト・デ・パンタン
カメルーン リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2007 キャノン・ヤウンデ 1部
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
2008 ブレシア・カルチョ セリエB
ポーランド リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2009 ZKSスタル・スタロワ・ウォラ 2部

代表歴[編集]

  • U-15西日本代表
  • U-17日本代表

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本人初、直川公俊氏がイタリアのリカータカルチョの会長就任