直井明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

直井明(なおい あきら 1931年- )は日本の海外ミステリ研究家。エド・マクベインの研究者として知られ、マクベイン本人とも交流があった。

略歴[編集]

東京都出身。東京外国語大学インド語科卒業。

商社の海外駐在員として、パキスタンカラチヒューストンルーマニアブカレストニューヨークなどで勤務。

エド・マクベインの「87分署シリーズ」について詳細に研究した『87分署グラフィティ―エド・マクベインの世界』で1989年に日本推理作家協会賞(評論部門)を受賞。晩年のマクベインとも交流があり、マクベインが新作を書く際に「過去の自作についての情報」を直井に尋ねるほどだった。

その他にもマクベインについての研究書や、海外滞在歴の長さをいかしたミステリ研究書がある。

2008年刊行の『本棚のスフィンクス 掟やぶりのミステリ・エッセイ』は、名作と言われているミステリやミステリ映画等を、あらためて詳細に再検証した本で、話題となった。

著書[編集]

  • 87分署のキャレラ エド・マクベインの世界 六興出版, 1984.11
  • 87分署グラフィティ エド・マクベインの世界 六興出版, 1988.12(のち、双葉文庫)
  • 87分署シティ・クルーズ エド・マクベインの世界 六興出版, 1990.10
  • 87分署インタビュー エド・マクベインに聞く 六興出版, 1992.2
  • エド・マクベイン読本 直井明編 早川書房, 2000.11
  • 海外ミステリ見聞録 原書房, 2000.2
  • 海外ミステリ誤訳の事情 原書房, 2003.6
  • 本棚のスフィンクス 掟破りのミステリ・エッセイ 論創社, 2008.