目黒良門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

目黒 良門(めぐろ らもん、1961年 - )は、日本のマーケティング流通研究者。東京工科大学 大学院ビジネススクールアントレプレナー専攻 専攻長・教授、同コンピュータサイエンス学部 教授

  • 東京大学大学院工学系研究科 博士後期課程(先端学際工学専攻)。

 現在、東京工科大学 大学院ビジネススクール アントレプレナー専攻 専攻長・教授 (現職)

 同、コンピュータサイエンス学部 教授(現職)

専門分野[編集]

早稲田大学法学部において、経済法を専攻。外資系企業勤務を経て、早稲田大学大学院 社会科学研究科 修士課程(政策科学論専攻)修了。東京大学大学院工学系研究科 博士課程 (先端学際工学専攻)において、安田浩(応用情報)に師事し、流通情報システムを研究。専門は、戦略的マーケティング、流通戦略論、東南アジア市場におけるマーケティング・流通戦略。

主たる業績[編集]

「戦略的マーケティングの思考」(学文社)

「インドネシア・ベトナムの食品市場戦略ガイド」(日刊工業新聞社)

「技術系ベンチャー企業のマーケティング行動分析」(学文社)(共著)

「アジア・マーケットレビュー」(連載)東南アジア市場参入・必勝セオリー ~技術とビジネスモデルをどう生かすか~(重化学工業通信社)他。

受賞[編集]

大川功記念賞(1997、早稲田大学大学院理工学研究科主催) 都市における小売市場と情報技術

外部リンク[編集]