目結紋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平四つ目

目結紋(めゆいもん)は、染め模様の鹿の子絞りの文様を図案化した家紋である。

目結紋は、宇多源氏佐々木氏族など近江源氏の使用が知られ、『寛政重修諸家譜』では目結紋を使用する幕臣百十数氏の内77家が佐々木氏族を称していた[1]

佐々木哲は、現在の沙沙貴神社(ささきじんじゃ)の神紋が平四つ目であるのは、1843年天保14年)丸亀藩京極家によって再建されたときに、京極家の「平四つ目」にかえられたとしている。



使用[編集]

日本家紋研究会の調べでは、「隅立て四つ目」や「丸に隅立て四つ目」の使用が最も多いとある[1]

室町時代成立の『見聞諸家紋』によれば、 9家が目結紋で載り、飯田氏二松氏が「三つ目」、佐々木氏椎屋氏が「四つ目」、斉藤氏本庄氏が「九つ目」、ほかに、能勢氏「十二目結」、本間氏「十六目結」、武藤氏は「寄懸目結(よせかけめゆい)」という。佐々木氏族では、六角氏が「隅立て四つ目」、京極氏は「平四つ目」、近江寺村氏は「丸に隅立て四つ目」を使用した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高澤等著『家紋の事典』 東京堂出版2008年
  2. ^ 堀尾吉晴