盧湾区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 上海直轄市 盧湾区
[[{{{preceding}}}|←]] {{{year_start}}} - {{{year_end}}} [[{{{succeeding}}}|→]]
上海市の中の旧盧湾区の位置
上海市の中の旧盧湾区の位置
中心座標 北緯31度07分 東経121度28分 / 北緯31.117度 東経121.467度 / 31.117; 121.467
簡体字 卢湾区
繁体字 盧灣區
拼音 Lúwān Qū
カタカナ転記 ルーワン チュー
国家 中華人民共和国
直轄市 上海
行政級別 市轄区
建置 2000年
面積
- 総面積({{{area_metro_as_of}}}) 8.03 km²
人口
- 総人口(2010) 31 万人
- 人口密度 38000 人/km²

盧湾区(ろわんく)は中華人民共和国上海市に位置していた市轄属区。2011年7月26日に旧黄浦区と併合され、現黄浦区の一部となった。

概要[編集]

盧家湾という地区が名の由来となっている。上海市街の中心部に位置し、清末(19世紀後半)にはフランス租界上海租界)の一部となり、清朝官憲の行政権が及ばない地域であったため孫文郭沫若など民国期にかけて活躍する革命家が寓居していた。近年は商業、飲食業、サービス業が発展し、淮海路を中心とした地区に百貨店ホテル映画館等が集まっており、20世紀初頭に形成された里弄と呼ばれる集合住宅も多く残るが、高層住宅への建て替えが進んでいる。また、2010年上海国際博覧会は当区で行われた。

地理[編集]

盧湾区は上海市中心地南部に位置し、東は旧黄浦区と、南は黄浦江をはさんで盧浦大橋により浦東新区と連絡し、西は徐匯区及び静安区、北は静安区及び旧黄浦区と接していた。

歴史[編集]

宋代華亭県高昌郷に属しいていたが、元代上海県に移管され清末まで沿襲された。1900年以降は区北部がフランス租界とされ、1945年民国34年)中華民国により盧家湾区として設置、国共内戦中の1947年(民国36年)に中国共産党により盧湾区と改称された。

1956年嵩山区を、1959年には邑廟区の一部を編入し現在に至っている。

2011年7月26日に旧黄浦区とともに、新しい黄浦区の一部に合併された。

行政区分[編集]

下部に4街道を所轄していた。

  • 五里橋街道
  • 打浦橋街道
  • 淮海中路街道
  • 瑞金二路街道

観光地、名所[編集]

姉妹都市[編集]


中国地名の変遷
建置 1945年
使用状況 盧湾区
中華民国盧家湾区
盧湾区(1947年)
現代黄浦区