盛永俊太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

盛永 俊太郎(もりなが としたろう、1895年9月13日 - 1980年1月25日)は、日本の農学者

富山県出身。東京帝国大学農学部卒。1926年九州帝国大学教授。1946年農林省農事試験場長、1950年東大農学博士。1954年農業技術研究所長。1950年から農業発達史調査会(東畑精一会長)で編集長。1955年アブラナ属およびイネ属の細胞遺伝学的研究で日本学士院賞受賞。九州大学名誉教授。[1]

著書[編集]

  • 『農学考』養賢堂 1951
  • 『日本の稲 改良小史』養賢堂 1957

共編[編集]

  • 『稲の日本史』安藤広太郎柳田國男共編 筑摩叢書 1969
  • 『享保元文諸国産物帳集成』全21巻 安田健共編 科学書院 1985‐2003
  • 『江戸時代中期における諸藩の農作物 享保・元文諸国物産帳から』安田健共編著 日本農業研究所 1986

[編集]

  1. ^ 日本人名大事典