益田義信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

益田 義信(ますだ よしのぶ、1905年明治38年)3月1日 - 1990年平成2年)1月10日)は、日本洋画家。益田農事株式会社取締役。

益田太郎冠者の子として東京に生まれる。兄弟は五人とも信の字を含むため俗に五信と呼ばれる。慶應義塾大学卒。梅原龍三郎に師事する。パリ留学後、国画会に所属した。ヴェネツィア・ビエンナーレなど国際展のコミッショナー。国際造形芸術連盟会長。

日本自動車連盟(JAF)のマークは、1963年(昭和37年)の創立当時に理事を務めていたことから益田がデザインした。色については、制作当初から白とブルーと決めていたとのことで、全9種の試作のうち5枚をJAFに持参し、最終決定されたものが、益田の一番のお気に入りのデザインだったというエピソードが残されている。

父と同じく、戦時中も洋行するほどの放蕩ぶりで、祖父・益田孝三井物産日本経済新聞社創業者)の築いた巨額の財産を使い果たしたことで知られる。

妻の桑子は、洋鉄を最初に扱った鋼鉄商の森岡平右衛門娘。

著書[編集]

  • さよなら巴里 (三修社 1979年5月)

共編著[編集]

  • 西洋名画家選集 第6 ボナール画集 (アトリヱ社 1932年)
  • 世界の美術 第21 マティスブラック (河出書房新社 1964年)
  • 世界の名画 第2 モネ・ボナール (学習研究社 1965年)
  • 日本の名画 46 梅原竜三郎 (講談社 1973年)
  • 日本の名画 3 安井曽太郎・梅原龍三郎・林武原田実小川正隆共編著 講談社 1977年8月)
  • モンマルトル青春の画家たち (新潮社(とんぼの本) 1986年11月)

翻訳[編集]

  • ピカソと其の友達 (フェルナンド・オリヴィエ 筑摩書房 1942年)
  • 親友ピカソ (ジェーム・サバルテ 美術出版社 1950年)