益田好次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

益田 好次(ますだ よしつぐ、天正11年(1583年)? - 寛永15年2月28日1638年4月12日))は、江戸時代前期の人物。

島原の乱の一揆軍の首謀者のひとりで、通称の益田甚兵衛の名で多くの史料にみられる。キリシタンで、霊名はペイトロ。

概要[編集]

妻は霊名:マルタ(千束善右衛門の妹とも)。子に長女・お福(霊名:レシイナ)、次女(霊名:リオナ)、嫡男・天草四郎(霊名:ジェロニモ、のちフランシスコ)、三女・蔓(万)(霊名:マルイナ)がいる。

天草の大矢野島で生まれた。若い頃は小西行長に祐筆として仕える(6000石とも)。関ヶ原の戦い後は帰農し、宇土の江部村や長崎、故郷・大矢野島で生活した。

島原の乱では、評定衆の筆頭として戦略を協議した(原城本丸を守備)[1]。原城落城の日、本丸で戦死したと思われる。『戸田家記録』には、芦塚某(蘆塚忠右衛門か)と刺し違えたとある。

脚注[編集]

  1. ^ 『耶蘇天誅記』『立花・松浦絵図』より

出典[編集]

  • 『天草騒動』(1692年、田丸具房(常山)著)
  • 『西海の乱・天草民衆運動史研究(下巻)』(1995年、倉田文史/著)