益田兼堯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
益田兼堯
Kanetaka Masuda's statue.JPG
妙義寺(益田市)の前にある益田越中守兼堯の像
時代 室町時代後期
生誕 不明
死没 文明17年5月23日[1][2]1485年7月14日
別名 益一丸[1][2]、松寿[2]、孫次郎[1][2]、兼広[1][2]
戒名 大雄院全国瑞兼[2]
官位 左馬助[1][2]、越中守[1][2]
幕府 室町幕府
父母 父:益田兼理[1][2]、母:出雲国馬田某娘[2]
兄弟 常兼[2]兼堯、忠勝[2]
吉山氏[2]
貞兼[1][2]、男子[2]、男子[2]、女子(陶弘護妻)[2]、女子(益田兼治室)[2]、女子[2]、女子(吉見俊家室)[2]兼久[2]

益田 兼堯(ますだ かねたか)は石見国人領主。益田氏当主で第15代七尾城(益田城)城主。

生涯[編集]

永享3年(1431年)、父と兄が大内盛見に従い九州の少弐氏大友氏と戦い、盛見と共に戦死したため家督を継いだ。以来、益田氏の当主を長期にわたって務め、大内氏のみならず室町幕府とも直接誼を通じ、着実に戦功を積み勢力を拡大させた。寛正年間には畠山義就との合戦(嶽山城の戦い)に参戦して戦功を上げ、引付衆の一員に加えられている[3]

応仁の乱の際は大内政弘に従い西軍に属し、文明2年(1470年)の大内教幸(道頓)の反乱の際には、婿の陶弘護を支援し石見の有力国人の吉見信頼らを制圧した。一方で、東軍の細川勝元とも通じていたとされる。なお、寛正2年(1461年)には子の貞兼に家督を譲っていたとされ、晩年は七尾城尾崎丸の山麓にある大雄庵(たいきあん)で隠居した[4]。兼堯の墓は大雄庵内にある[5][6]

雪舟と親交があったと伝えられており、彼が描いた兼堯像(益田市立雪舟の郷記念館蔵)[7]は国の重要文化財に指定されている。その他、七尾城跡に近い妙義寺の前に記念像が立てられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 今井尭ほか編 1984, p. 346.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 田村哲夫編修 1980, p. 99.
  3. ^ 妙義寺前にある益田越中守兼堯の像の説明碑(益田市観光協会)
  4. ^ 益田兼尭 - コトバンク
  5. ^ 歴史・文化 - 益田市
  6. ^ 益田兼堯の墓の紹介 - なつかしの石見の国
  7. ^ 益田兼堯像 - 益田市立雪舟の郷記念館

参考文献[編集]