皿井立三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

皿井 立三郎(さらい たつさぶろう、明治3年(1870年10月) - 昭和20年(1945年12月18日)は日本医師俳人大阪府士族[1]。元皿井耳鼻咽喉科医院長。

五男五郎の妻昭子は女優司葉子の姉。長女慶子は渡辺英綱子爵に嫁いだ[1]

経歴[編集]

岡山県士族・武市文太郎の二男[1]。皿井安太郎の養子となる[1]明治20年(1887年家督を相続す[1]

明治28年(1895年)、岡山医専卒業[1]。同校講師[1]独逸に留学しロストック大学に学び帰朝、耳鼻咽喉科医師となる[1]

趣味は俳句[1]。俳人としても活動。

参考文献[編集]

  • 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)サ一〇九頁
  • 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)上サ一八九

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)上サ一八九