皮膚外用療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
皮膚外用治療から転送)
Jump to navigation Jump to search

皮膚外用療法(ひふがいようりょうほう)は、皮膚軟膏クリームを塗布するなど、皮膚科学において基本となる治療法のことである。

外用剤の種類[編集]

外用方法の種類[編集]

単純塗布法
最も使われる方法。外用剤を手に取り、患部に塗るという単純な方法である。
重層療法
外用剤を単純に塗布した上からガーゼやリント布を載せ、その上から再度、外用剤を塗布する方法である。また親水性外用剤を塗布した上から、疎水性外用剤で覆う方法もある。
密封療法(ODT療法)
外用剤を塗布した後、フィルムドレッシング材などで覆ってしまう方法である。
湿潤療法
外用剤を塗布したのち、皮膚の適切な湿潤環境を維持しながら、余計な浸出液などをドレッシング材を通過して排出する治療法。外傷・びらん潰瘍褥瘡熱傷などで用いられる。

薬効成分による種類[編集]

関連項目[編集]