的場町停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
的場町駅から転送)
移動先: 案内検索
的場町停留場
的場町停留場(本線乗り場)
的場町停留場(本線乗り場)
まとばちょう - Matoba-cho
所在地 広島市南区的場町一丁目
所属事業者 広島電鉄
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線(本線)
2面2線(皆実線)
開業年月日 1912年(大正元年)11月23日
乗入路線 2 路線
所属路線 本線
駅番号 M3
キロ程 0.5km(広島駅起点)
M2 猿猴橋町 (0.3km)
(0.3km) 稲荷町 M4
所属路線 皆実線
駅番号 H3
キロ程 0.0km(当駅起点)
(0.5km) 段原一丁目 H4
テンプレートを表示
的場町停留場(皆実線乗り場)

的場町停留場(まとばちょうていりゅうじょう、的場町電停)は、広島市南区的場町一丁目にある広島電鉄本線皆実線路面電車停留場。両線の乗り換え停留場でもある。

歴史[編集]

的場町停留場には本線と皆実線の2路線が乗り入れているが、このうち先に開業したのは本線である。本線は1912年(大正元年)に広島駅前から櫓下(現在の原爆ドーム前停留場)までの区間が開通し、これに合わせて当停留場も開設されている。皆実線が開通したのは太平洋戦争下の1944年(昭和19年)のことで、当時軍事上の拠点であった広島港への輸送力増強のために敷設された[1]。しかし翌年、原爆投下により市内の路線は全線が不通となる。それでも同年10月には当停留場を含む本線の広島駅前 - 山口町(現在の銀山町停留場)が運行を再開、3年後の1948年(昭和23年)には皆実線も全線が通じ復旧を果たした[2]

開業時の停留場名を「的場」とし、1960年(昭和35年)3月30日に「的場町」に改称されたとする資料も存在するが[5]、それ以前に停留場名を「的場町」としている資料もあり[6]、表記には揺れが見られる。

構造[編集]

広島電鉄の市内線はほぼすべての区間で道路上に軌道が敷かれた併用軌道であり、当停留場も道路上に乗り場が設けられている。本線と皆実線の乗り場は離れて存在し、相生通りと比治山通りが交わる的場交差点の紙屋町寄りに本線、比治山下寄りに皆実線の乗り場がある。両線ともホームは低床式で上下2面あり、線路を挟み込むように配置されている(相対式ホーム[7][8]。交差点の猿猴橋町方にポイントがあり、停留場の手前で本線から皆実線が分岐する構造となっている[8]。このため、広島駅に向かう電車の乗り場が2箇所あることになるが、広島駅まで近い(約500メートル)こともあり、どちらのホームが先発電車となるかなどの案内表示は特に設けられていない。

皆実線の停留場の広島港(宇品)側には、1982年(昭和57年)1月30日に設置された[9]上り線(広島駅方面)から下り線(宇品方面)への渡り線がある[8]

運行路線[編集]

当停留場には広島電鉄で運行される系統のうち1号線、2号線、5号線、6号線、それに0号線が乗り入れる。当停留場を経由し本線と皆実線を結ぶのは5号線で、それ以外の系統は本線のみを使用する。駅前大橋ルート開業後は、大幅に見直しが行われる。

本線下りホーム 0号線 (紙屋町経由)日赤病院前ゆき・広電前ゆき
1号線 (紙屋町経由)広島港(宇品)ゆき
2号線 広電宮島口ゆき・広電西広島(己斐)ゆき
6号線 江波ゆき
本線上りホーム 1号線2号線6号線 広島駅ゆき
皆実線下りホーム 5号線 比治山下経由広島港(宇品)ゆき・宇品二丁目ゆき・皆実町六丁目ゆき
皆実線上りホーム 5号線 広島駅ゆき

周辺[編集]

猿猴川の右岸に位置し[7]、停留場の西側一帯は高層ビルが立ち並ぶ[8]

隣の停留場[編集]

広島電鉄
本線
猿猴橋町停留場 (M2) - 的場町停留場 (M3) - 稲荷町停留場 (M4)
皆実線
的場町停留場 (H3) - 段原一丁目停留場 (H4)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、24-25・157頁。ISBN 4-533-05986-4
  2. ^ a b c d 『広島のチンチン電車 市内線と宮島線 波乱に富んだ86年のドラマ』 郷土出版社1998年、227-236頁。ISBN 4-87670-110-5
  3. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』 広島電鉄、2012年、431頁。
  4. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』 広島電鉄、2012年、124頁。
  5. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、37頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  6. ^ 広島県統計書 昭和7年 第1編 其ノ2』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  7. ^ a b 川島令三全国鉄道事情大研究』中国篇 2、草思社2009年、103・107頁。ISBN 978-4-7942-1711-0
  8. ^ a b c d e 川島令三 『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線』第7巻 広島エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2012年、9・75頁。ISBN 978-4-06-295157-9
  9. ^ 『広島電鉄開業80年創立50年史』 広島電鉄、1992年、124頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]