百武裕司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

百武 裕司(ひゃくたけ ゆうじ、 (1950-07-07) 1950年7月7日 - (2002-04-10) 2002年4月10日(51歳没))は、日本アマチュア天文家

人物・来歴[編集]

長崎県島原市出身。

長崎県立長崎北高等学校を経て、九州産業大学芸術学部写真学科卒業。

コメットハンター彗星捜索家)として、1995年12月25日C/1995 Y11996年1月30日にはC/1996 B2を相次いで発見した。また、功績により、シカゴ名誉市民など数々の表彰を受けている。

後に、鹿児島県姶良町天文台スターランドAIRAの館長を務めたが、2002年4月10日大動脈瘤破裂のため、51歳という年齢で急逝した。

小惑星 (7291) 百武は、百武の業績を称えて命名された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

外部リンク[編集]