百地三太夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

百地 三太夫(ももち さんだゆう)は、江戸時代読本などに登場する武士忍者伊賀国の郷士で、盗賊・石川五右衛門に忍術を教えたという設定。

概要[編集]

初出は寛文年間に出版された石川五右衛門を主題とした読物「賊禁秘誠談」。その略歴は伊賀喰代(現・三重県伊賀市喰代)の武士・百地氏の「樒塚」の伝承から取材しており、五右衛門をその伝承に組み入れた形となっている。三太夫は安土桃山時代ころの人物で、孤児であった五右衛門に忍術を授けたが、後に悪心を起こした五右衛門に謀られて愛妾と妻を殺害されたうえ、大金を奪われて出奔されるという筋書きである。この設定は石川五右衛門ものとして広く浸透し、大正期の立川文庫ではさらに霧隠才蔵の師でもあると設定されている。

今日においては、しばしば天正9年(1581年天正伊賀の乱織田信長に敗れた百地丹波と同一視されており、三重県名張市竜口には百地丹波の屋敷として「百地三太夫屋敷」が存在する。だが、上記のように三太夫は物語に登場するいわば架空の人物であり、同時代史料はもちろん「伊乱記」を始めとした軍記物などにも登場せず、苗字・出身国・活動時期を除いて百地三太夫と百地丹波を同一人物とする根拠は特に存在しない。

脚注[編集]

参考文献[編集]