百周年記念ホール (ヴロツワフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界遺産 ヴロツワフの
百周年記念ホール
ポーランド
百周年記念ホール
百周年記念ホール
英名 Centennial Hall in Wrocław
仏名 Halle du Centenaire de Wroclaw
面積 中核地域36.69ha
緩衝地域189.68ha
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (2), (4)
登録年 2006年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

百周年記念ホール(ひゃくしゅうねんきねんホール、Hala Stulecia)は、マックス・ベルクの計画に従って建てられた、ポーランドヴロツワフにある20世紀初頭の建造物。「人民ホール」(Hala Ludowa) ともいう。

ホールはライプツィヒの戦い(諸国民戦争)の百周年を記念する展示会のために、1911年から1913年にかけて競馬場跡に建造された。内部の直径69m、高さ42mの鉄筋コンクリート製の丸屋根構造で、当時のコンクリート建築物としては最大を誇る。

世界遺産[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

関連項目[編集]