百井盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ももい さかり
百井盛
生誕 (1903-02-05) 1903年2月5日
日本の旗 日本福島県
死没 (2015-07-05) 2015年7月5日(満112歳没)
日本の旗 日本東京都
死因 慢性腎不全
住居 日本の旗 日本埼玉県
職業 教育者
著名な実績 存命男性のうち世界最高齢(2014年6月8日 - 2015年7月5日)

百井 盛(ももい さかり、1903年明治36年)2月5日[1] - 2015年平成27年)7月5日)は、さいたま市中央区に在住していた[2]長寿の男性である。日本及び世界における最高齢の男性であった。

経歴[編集]

福島県相馬郡石神村(現南相馬市)出身。福島師範学校卒業後、1924年(大正13年)に東京大学農学部へ入学。1927年(昭和2年)同大学、同学部(専門課程:農芸化学)卒業。同年、咸鏡北道公立新義州高等普通学校に化学教諭として赴任。1948年から1951年まで福島県立塙高等学校(現福島県立塙工業高等学校)の初代校長、1953年から1959年まで[3]埼玉県立与野高等学校の第5代校長を務めた[4]2013年9月の敬老の日に行われたインタビューでは、「あと2年くらい生きたい」と答えている[4]2014年8月20日、存命男性のうちの世界最高齢者としてギネス世界記録に認定され、認定証を受け取った[5]。同日、さいたま市市長の清水勇人も訪れ、祝い状と花束を贈った[2]

長寿記録[編集]

2013年7月23日五十嵐丈吉の死去に伴い、110歳168日で日本の存命男性の最高齢者となる[6]

2013年12月6日、老人学研究団体ジェロントロジー・リサーチ・グループの検証済み110歳超えリストに登録される[1]

2014年4月24日、イタリアのアルトゥロー・リカタの死去に伴い、世界の存命男性のうち2番目の長寿となる。

2014年6月8日、1日だけ年上のアメリカ(ポーランド生まれ)のアレクサンダー・イミックの死去に伴い、111歳123日で、存命男性のうち世界最高齢となった[7]。これにより大川ミサヲと合わせて日本人男女が共に存命中の世界最高齢者となっていた(大川は2015年4月1日に死去)。

2014年6月20日1901年10月29日生まれだった新藤ハナが死去したことに伴い、男女を含めた埼玉県の最高齢者となる。

2015年7月5日、112歳と150日で、東京都内の病院で慢性腎不全のため死去[8]。国内および世界最高齢の男性は、愛知県名古屋市守山区の112歳の小出保太郎となった。

出典[編集]

  1. ^ a b Validated Living Supercentenarians”. Gerontology Research Group. 2016年12月17日閲覧。ジェロントロジー・リサーチ・グループ
  2. ^ a b “111歳百井盛さん、男性の世界最高齢に認定”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2014年8月20日). オリジナル2014年8月20日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20140820080818/http://www.yomiuri.co.jp/national/20140820-OYT1T50069.html?from=ycont_top_txt 2014年8月20日閲覧。 
  3. ^ 5代校長が、国内最高齢男性となる。”. 埼玉県立与野高等学校 (2013年7月24日). 2014年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月18日閲覧。
  4. ^ a b “国内男性最高齢の百井さん 市長の訪問で中国古典を暗唱 埼玉”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2013年9月13日). オリジナル2014年2月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140203131020/http://sankei.jp.msn.com/region/news/130913/stm13091321290004-n1.htm 
  5. ^ “111歳百井さん、ギネス認定=男性で世界最高齢”. 時事ドットコム (時事通信社). (2014年8月20日). オリジナル2014年8月20日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20140820074752/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201408/2014082000243&g=soc 2014年8月20日閲覧。 
  6. ^ “さいたまの110歳百井さん、国内最高齢男性に”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2013年7月24日). オリジナル2013年9月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130909202752/http://www.saitama-np.co.jp/news/2013/07/24/06.html 
  7. ^ “さいたま市の百井盛さん、男性世界最高齢に”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2014年6月9日). オリジナル2014年6月9日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20140609115119/http://www.yomiuri.co.jp/national/20140609-OYT1T50078.html 2014年6月9日閲覧。 
  8. ^ “男性世界最高齢、百井盛さん死去 112歳”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年7月7日). オリジナル2015年7月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150708040733/http://www.asahi.com/articles/ASH7736FJH77UTNB009.html 
記録
先代:
アレクサンダー・イミック
存命男性のうち世界最高齢
2014年6月8日 - 2015年7月5日
次代:
小出保太郎
先代:
五十嵐丈吉
日本の旗 存命男性のうち日本最高齢
2013年7月23日 - 2015年7月5日
次代:
小出保太郎