白鳥義久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白鳥義久(しらとりよしひさ)。生没年不詳。出羽(羽前)の武将。白鳥城主。息子には最上義光に負けた白鳥十郎長久がいたと言われる(不明)。 官位不明。(想像だが、従五位下)。 白鳥氏当主として最上氏、延沢氏、天童氏などと覇を争った。延沢満重が天童氏から最上氏に寝返り、白鳥氏が最上氏の討伐を受けようとしていた最中、病没してしまう。家督は長久が継いだが、最上氏の圧倒的な軍力の前に屈して白鳥氏は滅亡してしまう。白鳥氏の領地を滅びていた天童氏が一部貰った。 長久は義光に謀殺される。 こうして最上氏は出羽の覇者となった。