白鳥義久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白鳥義久(しらとり/しろとり よしひさ、生年不詳 - 天文15年12月20日1547年1月11日[1])は戦国時代出羽国の武将。出羽白鳥館主。白鳥義春の跡を継いだが、実は室町幕府第13代将軍足利義晴の庶子とする説もある[1]。通称は十郎[1]。息子には白鳥長久がいたと言われる。

白鳥氏当主として最上氏延沢氏天童氏などと覇を争った。天文15年12月20日(1547年1月11日)死去。法号は泰運永岩大禅定門[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 山形県地理名勝史蹟集成 北村山郡之巻』(1926年)143頁