白鳥座 (グループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白鳥座(はくちょうざ)は、さだまさしプロデュースによるフォーク・コーラスグループ。1981年プロデビューの後、数度のメンバー変更を経て1991年に活動「停止」。

コンサートやラジオ番組などの活動とともに、さだまさしコンサートのゲストやレコーディングに参加した。レコード化されなかった曲も多い。

概要[編集]

MAST[編集]

さだまさしの個人事務所である「さだ企画」の社員であった森谷・高比良・佐田・阿部の4人が1979年頃からアマチュアとして活動していた「MAST」(メンバー4人のイニシャルが由来)を、さだまさしの個人レーベルであった「フリーフライト」初の新人として抜擢しプロデビューさせた。

森谷は、さだと大学の同窓でありグレープ時代からの付き合いがあった。1979年のクラフト解散後にディレクターを志望して入社し、後進の指導にあたっていた。

高比良は、さだに高校在学時から講評を受け続け、さだがソロデビューした時のバックバンドで初代のベースを担当した。大卒後に入社しステージの裏方や一般事務を担当。

佐田は、さだの妹で「さだ企画」の設立とともに第一号社員として志願。ステージの裏方や一般事務などを担当。

阿部は、さだとは高校在学時に渡辺俊幸の紹介でグレープ時代に引き合わされる。一度は「無理」と突き放されるが、ステージの裏方や一般事務を担当しつつボーカリストとして訓練をつむ。

第1期[編集]

唯一のプロ経験を持つ元クラフトのメンバーでもあった森谷有孝をリーダーに1981年7月7日、代々木山野ホールにて公式デビュー。

6月25日シングル『かもめ』でレコードデビュー。それに先立つ5月8日に、さだまさしもソロ転向後のファーストコンサートをおこなった長崎NBCビデオホールでファーストコンサートを開催する。

  • 森谷有孝(もりや くにたか、1950年9月30日-)-神奈川県茅ヶ崎市出身。リーダー、ギター、作曲、ボーカルを担当。
  • 高比良豊(たかひら ゆたか、1957年3月6日-)-長崎市出身。作詞、作曲、ピアノ、ギター、ボーカルを担当。
  • さだれい子(さだ れいこ、1957年5月7日-)-長崎市出身。ボーカル、ギター、キーボードを担当。
  • 阿部恵(あべ めぐみ、1958年9月9日-)-東京都品川区出身。ボーカル、キーボード、作詞、作曲を担当。

第2期[編集]

1983年にリーダーの森谷が引退し、土井晴人が加入。たかひらが2代目のリーダーとなる。

同年7月にファンクラブ「はばたけ白鳥座」発足。同名の会報「はばたけ白鳥座」を隔月で発行。

1986年7月8日にデビュー丸5年でライブステージ500回を達成。

  • たかひらゆたか-リーダー
  • さだれい子
  • 阿部めぐみ
  • 土井晴人(どい はると、1962年2月16日-)-金沢市出身。ギター、ボーカルを担当。後に土井合人と改名した時期もある。

第3期[編集]

1988年に、土井晴人佐田玲子(REIKO)が相次いでソロに転向し、メンバーチェンジをおこなう。

1991年3月の、さだまさしコンサート(第8回まさしんぐWORLDコンサート〜RATS FINAL)をもって活動を「停止」。

  • たかひらゆたか
  • あべめぐみ
  • ボギー鈴木(ボギー すずき)
  • ダボ原田(ダボ はらだ)
  • トリプル崎久保(トリプル さきくぼ)-キーボード
  • 秋田けん(あきた けん)本名:(故)秋田俊哉

再結成[編集]

2002年夏、佐田玲子のライブツアー「七夕の月」にて、第2期のメンバーが勢ぞろいし同ライブのアンコールで第2期「白鳥座」再結成が実現した。ヤクルトホールでの東京公演では初代リーダーの森谷有孝も会場におり、この公演はビデオ『佐田玲子コンサート〜七夕の月』として発売された。

2006年12月6日発売の佐田玲子のアルバム『懐郷』に第2期メンバーがコーラスとして参加、さらにボーナストラックとして「星ちゃんに捧げる歌」が収録された。

2007年3月、佐田玲子の懐郷ツアーにおいて東京・名古屋・大阪の3ライブハウスにて再結成ライブが行われる。再結成ライブでは、佐田玲子が3曲歌った後、白鳥座の登場となり、13曲を披露した。

2008年3月にも、長崎・福岡・大分でアンコールコンサートが行われる。その後も不定期に活動を続けた。

  • たかひらゆたか
  • 佐田玲子
  • 佐藤めぐみ(さとう めぐみ)
  • 土井晴人

2017年には、たかひら、佐藤、土井の3名が「白鳥座family」としてコンサートを行う。その後、今後の活動についての話し合いがメンバー4人のあいだで持たれ、5月末での「白鳥座」休止と佐田のソロ活動継続、残りの3名は8月から新たに「白鳥」(しらとり)を結成してそれぞれの本業の傍ら音楽活動を続けると表明した。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • かもめ / 日めくり(1981年)
  • 心にスニーカーをはいて / サークルゲーム(1982年)
  • ひとつ覚えの歌 / 夜汽車まで(1982年)
  • 記念樹 / コスモス便り(1983年)
  • 鬼無里村から / “幸せになれ”なんて(1983年)
  • 北の空 Love Song / 故郷の風は、今(1984年)
  • つばさ / ドリーミィ・タウン(1985年)- アニメ『銀河漂流バイファムOVA『“ケイトの記憶”涙の奪回作戦!!』主題歌。このため、本シングルのみワーナー・パイオニアより発売
  • さよならの少し前 / Tokyo Collection(1986年)
  • 愛をつないで 〜CHAIN OF LOVE〜 / 夏のページ(1987年)

さだまさしとの共同シングル[編集]

  • 長崎から(1990年)

アルバム[編集]

  • 白鳥座(1982年)
  • DENEB(1984年)
  • シングルス(1986年)-CDのみ。

その他[編集]

銀河漂流バイファム』のサウンドトラック盤に『“ケイトの記憶”涙の奪回作戦!!』挿入歌「スターダスト・ララバイ」を収録しているものがある。

さだまさしのライブ盤『夏・長崎から'89』に「Yes, We Can」「いつまでも」を収録。また、さだまさし「北の国から」メインテーマのコーラスなどいくつかのレコーディングに参加している(例「チャンス」「SMILE AGAIN」)。

さだまさしのコンサートビデオ「まさしんぐWORLDコンサート」のシリーズでは、ミュージカルに参加した姿を見ることができる。

タイアップ[編集]

初期のラジオ番組[編集]

関連項目[編集]