白馬節会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白馬節会(あおうまのせちえ)は、古来の年中行事のひとつ。

概要[編集]

1月7日天皇豊楽院(のちに紫宸殿)に出御して邪気を祓うとされる白馬にひき出し、群臣らとを催す[1]

白馬節会の由来は、この白馬節会が始まった当初、中国の故事に従い、ほかのよりも青みをおびた黒馬(「アオ」と呼ばれる)が行事で使用されていたが、醍醐天皇のころになると白馬または葦毛の馬が行事に使用されるようになり、読み方のみそのまま受け継がれたため「白馬(あおうま)」となったとされる。

2011年現在では京都市北区にある上賀茂神社大阪府大阪市にある住吉大社などの神社で、神事として行われている。

脚注[編集]

  1. ^ 風俗博物館 白馬節会

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]