白馬三山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白馬三山(しろうまさんざん)とは、富山県長野県にまたがる3つの白馬岳杓子岳白馬鑓ヶ岳)の総称である。山域は中部山岳国立公園に指定されている[1]高山植物が豊富で、代表する山として白馬岳が花の百名山[2]及び新・花の百名山[3]に選定されている。

山容 名称 標高
m
三角点
等級
備考
Shiroumadake from maruyama 26 2000 7 30.jpg 白馬岳 2,932.24  一等[4] 後立山連峰最高峰
日本百名山
Shiroumadake from Shiroumayari 1999-10-10.jpg 杓子岳 2,812
Shiroumayarigatake from South 1999-10-10.jpg 白馬鑓ヶ岳 2,903.11  三等 白馬鑓温泉

白馬三山の風景[編集]

左から白馬鑓、杓子、白馬 八方尾根から望む白馬三山
Shiroumasanzan from Kitazyo 1996-1-2.jpg
Mount Shirouma from Mount Karamatsu 1996-05-04.jpg

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中部山岳国立公園区域の概要”. 環境省. 2011年1月22日閲覧。 1934年(昭和9年)12月4日に指定。山域はその特別保護地区になっている。
  2. ^ 『花の百名山』 田中澄江(著)、文春文庫、1997年、ISBN 4-16-352790-7、pp266-269
  3. ^ 『新・花の百名山』 田中澄江(著)、文春文庫、1995年、ISBN 4-16-731304-9、pp245-248
  4. ^ 基準点成果等閲覧サービス・白馬岳(富山)”. 国土地理院. 2011年1月22日閲覧。

関連項目[編集]