白色宣伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

白色宣伝: white propaganda, ホワイト・プロパガンダ)とは、情報源を公言するプロパガンダである[1][2]。プロパガンダのもっとも一般的な形式である。敵対者側から発信されたと称し、実際には故意に作り出されたものである「黒色宣伝英語版」(ブラック・プロパガンダ)や、情報源もしくは作成者が全く特定できない「灰色宣伝」(: Grey propaganda, グレー・プロパガンダ)と比較して、政府機関など公然と確認できる情報源に通常由来するものであり、より穏便な説得工作と見なされる。概して標準的なパブリック・リレーションズ・テクニックを利用し一方的な主張を開陳する。

プロパガンダをテーマとする多数の書籍の内の一つである、ジャック・エリュールPropaganda: The Formation of Men's Attitudes英語版(『プロパガンダ: 態度の形成』)にて著者は白色宣伝というものはそのプロパガンダに影響を与えるためわざわざ作り出された企てを大衆が意識することそのものであると語っている[3][4]。宣伝を行う省庁が存在する、それ即ち、宣伝することを認可され、その情報源は公知のものであり、その目的や意図するところを突き止めることができるということである[3]。プロパガンディストが積極的に白色宣伝を隠す際には、プロパガンダ運動全体に渡って、白色宣伝が黒色宣伝の代わりを担う。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ white propaganda”. usmilitary.about.com. 2011年10月13日閲覧。
  2. ^ White Propaganda - A Weapon of War”. NLS英語版. digital.nls.uk. 2011年10月13日閲覧。
  3. ^ a b Ellul, Jacques (1965) (英語). Propaganda: The Formation of Men’s Attitudes. Konrad Kellen & Jean Lerner (Translation). NY, USA: Vintage Books英語版. p. 16. ISBN 978-0-394-71874-3. 
  4. ^ Nicholas John Cull, David Holbrook Culbert, David Welch (2003) (英語). Propaganda and mass persuasion: a historical encyclopedia, 1500 to the present. SB, USA: ABC-CLIO英語版. p. pp. 425-426. ISBN 978-1-576-07820-4. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]