白羽祐三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白羽 祐三(しらは ゆうぞう、1925年2005年)は、日本法学者弁護士民法学者中央大学名誉教授静岡県出身。

略歴[編集]

1948年司法試験合格。1950年中央大学法学部卒業。同法学部助手。1955年同法学部助教授。1962年同法学部教授。1965年ドイツアルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルクに留学。1968年中央大学法学部長(~1973年)。1968年中央大学大学院法学研究科委員長(~1969年)。1969年中央大学評議員(~1992年)。1972年学校法人中央大学理事(~1973年)。1972年中央大学大学院法学研究科委員長(~1973年)。1984年学校法人中央大学理事(~1987年)。1996年中央大学定年退職。同名誉教授。弁護士登録。国際学院埼玉短期大学健康栄養学科客員教授。2001年国際学院埼玉短期大学退職。

1983年 中央大学 法学博士 論文の題は「現代契約法の理論」[1]

著書[編集]

  • 『担保物権法』(駿河台出版社 1969年)
  • 『担保物権法要論』(駿河台出版社 1977年)
  • 山田卓生と共著『担保物権』(有斐閣 1980年)
  • 『現代契約法の理論』(中央大学出版部 1982年)
  • 山田創一と共著『民法総則講義』(駿河台出版社 1989年初版・2012年第4版)
  • 山田創一と共著『物権法講義』(駿河台出版社 2001年初版・2009年第2版)
  • 山田創一と共著『債権総論講義』(駿河台出版社 2001年初版・2013年第5版)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『白羽祐三先生古稀記念論文集』(法學新報 105巻2・3合併号、1998年)

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベースによる