白石義明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白石 義明(しらいし よしあき、1913年11月22日 - 2001年8月29日)は、世界最初の回転寿司店「元祖廻る元禄寿司」を開店した人物

回転寿司店を開店した経緯[編集]

大阪の立ち喰い寿司店経営者だった頃、アサヒビール吹田工場(大阪府吹田市)を見学した際に、ビール製造のベルトコンベアを見て、それをヒントに、多数の客の注文を低コストで、効率的に捌くことを目的とした「コンベヤ旋廻食事台」を考案した。 コーナーを曲がるための、角丸のコンベアベルトにしたアイデアは、子供とトランプゲームをしていた時の手に持って広げたトランプの角度からひらめいた。

1958年大阪府布施市(現:東大阪市)の近鉄布施駅口に、世界最初の回転寿司店である、「元禄寿司」を開いた。そして1962年12月6日、「コンベヤ旋廻食事台」は「コンベヤ附調理食台」として、白石義明名義で実用新案登録(登録第579776号)されている。

1978年まで世の中に回転寿司店はコンベアの特許の関係で「元禄寿司」チェーンしかなかった。これ以降は特許が切れ、全国に様々な回転寿司店が全国に広がった。

外部リンク[編集]