白瀬峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白瀬峠
鈴鹿山脈の主稜線の冷川岳と頭蛇ヶ平との鞍部の白瀬峠(2013年5月3日)
鈴鹿山脈の主稜線の冷川岳と頭蛇ヶ平との鞍部の白瀬峠
標高 1,003 m
所在地 日本の旗 日本
三重県いなべ市滋賀県東近江市
位置 北緯35度10分035.2秒 東経136度26分7.46秒 / 北緯35.176444度 東経136.4354056度 / 35.176444; 136.4354056座標: 北緯35度10分035.2秒 東経136度26分7.46秒 / 北緯35.176444度 東経136.4354056度 / 35.176444; 136.4354056
山系 鈴鹿山脈
通過する交通路 鈴鹿山脈の登山道
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

白瀬峠(しらせとうげ)は三重県いなべ市藤原町山口と滋賀県東近江市茨川町の間にある

概要[編集]

この峠は分水嶺であり[1] 、この峠を隔てて滋賀県側は、琵琶湖を経て瀬戸内海に注ぎ、三重県側は太平洋に注ぐ。鈴鹿山脈の主稜線の冷川岳と頭蛇ヶ平との鞍部。

歴史[編集]

各種データ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 分水嶺事典関西編白瀬峠”. 2009年7月31日閲覧。

関連項目[編集]