白洋舍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白洋舎から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社白洋舍
Hakuyosha Company,Ltd.
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社[1]
市場情報
東証スタンダード 9731
1949年5月16日上場
本社所在地 日本の旗 日本
146-0092
東京都大田区下丸子2丁目11番8号
設立 1920年5月6日
(創業1906年3月14日
業種 サービス業
法人番号 4011001018621 ウィキデータを編集
事業内容 クリーニング業
代表者 代表取締役社長 松本彰
資本金 24億10百万円
売上高 単体357億55百万円
連結489億77百万円
(2016年12月期)
営業利益 単体8億8百万円
連結14億14百万円
(2016年12月期)
純利益 単体6億58百万円
連結10億5百万円
(2016年12月期)
純資産 単体75億11百万円
連結88億7百万円
(2016年12月31日現在)
総資産 単体301億66百万円
連結376億64百万円
(2016年12月31日現在)
従業員数 1,582人(連結 2,125人)
(2016年12月31日現在)
決算期 12月31日
外部リンク http://www.hakuyosha.co.jp/
テンプレートを表示
白洋舍本社

株式会社白洋舍(はくようしゃ)は、日本のクリーニング業界最大手の老舗クリーニング会社である。本社は東京都大田区下丸子2丁目11-8

沿革[編集]

社名の由来と三越との関係[編集]

白洋舍創業者五十嵐健治の半生は三浦綾子の「夕あり朝あり」に記されている。彼は最初、北海道の開拓団に加わるが、うまく行かず、自殺を考えながら小樽の町をさまよっていた際、夜の明かりに引かれてキリスト教会に導かれ、自殺を思い留まった。19歳のときに五十嵐は洗礼を受け、クリスチャンとなる。その際信仰の先輩の会社を参考にしたとされる。

五十嵐が白洋舍を創業する前は職を転々とし、その中で洗濯屋とも出会う。のちに廣瀬商会を設立する廣瀬太次郎の紹介で百貨店三越(現在は三越伊勢丹ホールディングス傘下)に在籍。10年間働き29歳の誕生日に独立。当時の三越の専務、日比翁助の許可をもらう。役員や三井グループなどの取引先を紹介してもらう。また三越から松坂屋(現:大丸松坂屋百貨店J.フロント リテイリング傘下〉)に役員が移った関係で最初の支店を名古屋に出すことになる。そのため松坂屋の本店に白洋舍の取次店が今でも存在する。また松坂屋と白洋舍はユニフォームレンタルの企業である栄リネンサプライに出資している。

なお社名に「舍」(旧字体)の字を使用している理由は、創業当初会社組織ではなかったために小屋を意味する「舍」の字を当てたため。新字体の「舎」を使用していないのは「突き出さず謙虚に世の中の方々に奉仕する心を常に持つ」ことを表す意味がある[2]

出店地域[編集]

北海道(道央地区のみ、札幌白洋舍が運営)、宮城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県(静岡白洋舍が運営)、愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、広島県(広島市・廿日市市のみ)、福岡県。

上記以外の県にある同名の同業者は、本項における白洋舍とは何の関係もない。また、静岡白洋舍は浜松市にも出店しているが、同市には浜松白洋舎という無関係な同業者がある。

グループ会社[編集]

  • 札幌白洋舍株式会社
  • 静岡白洋舍株式会社
  • 東京ホールセール株式会社
  • 東日本ホールセール株式会社
  • 共同リネンサプライ株式会社
  • 白洋舍栄リネンサプライ株式会社
  • 株式会社双立
  • 北海道リネンサプライ - 北海道旅客鉄道の寝台座席などの寝具、座席の背当て等のクリーニングを行う。北海道クリーン・システム保有株式の92.5%内の82.5%を白洋舍および廣瀬商会に売却し、JR北海道グループから抜け白洋舍のグループ会社となる[3]
  • Hakuyosha International,Inc.
  • Dust-Tex Honolulu, Inc.
  • 恒隆白洋舍有限公司

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

外部リンク[編集]