白河理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
しらかわ りこ
白河 理子
プロフィール
別名義 齊藤理真(本名)
生年月日 1980年12月17日
現年齢 37歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 B型
公称サイズ(2006時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
スリーサイズ 84 - 54 - 84 cm
活動
ジャンル グラビアイメージビデオ写真集
モデル内容 一般、水着
他の活動 タレント
モデル: テンプレート - カテゴリ

白河 理子(しらかわ りこ、1980年12月17日 - )は、日本タレント作家コラムニスト東京都出身。慶應義塾大学大学院卒業。

人物[編集]

高校在学中にスカウトを受ける。実母がモデル業をやっており、芸能界と無縁というわけではなかったので、それほど抵抗もなく芸能界入りする[1]。当時の芸名は「斉藤理真」→「斉藤りま」だったが、2003年頃に「白河理子」に改名をする。

趣味は重い主題の小説を読むこと。長編を全巻買い揃えて徹夜で読みきることもあるという[1]。本を片時も手放さない読書家であり、雑誌コラムも多く手がけている。目標はトークができてコラムが書けるタレント。

特技はクラシックバレエ、乗馬。クラシックバレエは15年間続け、現在も鑑賞が趣味である。アイドル時代には乗馬姿のグラビアが複数の雑誌や写真集に掲載されている。音楽に関しては、バレエ音楽、ジャズやブラジリアンミュージックに傾倒し、ピアノ・フルート・ブラジルの民族楽器であるビリンバウの演奏ができる。

小学校から大学まで女子校で育ち、女性への鋭い視線は評価が高い。著書もあり、女子文化研究家として様々な雑誌でインタビューを受けている。また、音楽・映画・ファッション・街など様々なコラムも連載しており、中でも「アームズマガジン」の映画のコラムは超長期連載である。

著書に「女子大ガール 〜秘密の花園で、女子大生は何を学ぶのか〜」(駒草出版)、「ジャズライブハウスレストランガイド 関東版」(ヤマハミュージックメディア)がある。

略歴[編集]

1999年デビュー。(デビュー当時の所属事務所はスペースクラフト

2000年テレビ東京「喝! リベンジナイト」でリベギャルとして 活躍し、お嬢様タレントとしていくつものバラエティ番組にレギュラー出演する。その後、グラビアアイドルとしての活動も開始し、更にコラムニストとしての活動も始める。

2010年、「ジャズライブハウスレストランガイド」(ヤマハミュージックメディア)、2011年「女子大ガール〜秘密の花園で、女子大生は何を学ぶのか〜」(駒草出版)を出版。現在は、マルチなタレント活動に加え、コラムニスト・作家として本格的に活動している。

2012年、慶應義塾大学SFCにおける最新研究の成果を六本木で発表する「SFC Open Research Forum」にコラムニストアイドルとして本名(斉藤理真)で登壇し、批評家の濱野智史氏と「ソーシャル×カルチャー×ロングテール」をテーマにした対談を行った。ITmedia ニュース - SFCの英知を結集した“バザール”は社会に何をもたらすのか[2]

幼く可愛らしい容姿と声と喋り方にも関わらず、名門女子校育ちの慶應卒で文章も書けるというギャップを生かし、お嬢様タレント、コラムニストアイドルとして紹介される。タレント、作家、コラムニスト、女優、歌手、グラビアとマルチに活躍中。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

  • 喝!リベンジナイト(2000年、テレビ東京)レギュラー出演
  • 卵の館[3](2000年、フジテレビ)レギュラー出演
  • 青木さやか・美人の素(2005年、TBS)レギュラー出演
  • サブトレ@deep(2008年、テレビ神奈川)レギュラー出演
  • 心の扉(2000年、TBS)出演
  • 台湾バラエティ番組「人気不思議穴場DIET探検隊」レポーター出演
  • ピンクHugHug(2004年、テレビ埼玉、千葉テレビ)レギュラー出演
  • 水着少女(2005年、テレビ神奈川)
  • 女子アナ水着ニュース(2006年、MONDO21)レギュラー出演(第6期アナウンサー)
  • バーチャファイター情報局(2006年〜2010年、VF.TV)MCレギュラー出演
  • 東京オーディション(仮)(2015年、MXテレビ)出演

その他多数出演

CM[編集]

  • 台湾 ダイエット食品
  • 福島テレビ「タイヘイドライバーズスクール」
  • テレビ神奈川「チャーガ茶」

ラジオ[編集]

  • FM愛媛「MUSIC LION」MCレギュラー出演
  • FM香川「MUSIC LION」MCレギュラー出演
  • FM徳島「MUSIC LION」MCレギュラー出演
  • FM高知「MUSIC LION」MCレギュラー出演

その他多数出演

映画[編集]

ドラマ[編集]

  • 「君たちに明日はない」第2話(2010年、NHK
  • 「ミッドナイト・ホラーシアター」第8話「オフ会」TS役(2011年、CSフジ)

インターネットテレビ[編集]

その他多数出演

トークセッション[編集]

ビデオ・DVD[編集]

  • 1stDVD「パタヤの休日」(2005年、イーネットフロンティア)
  • 2ndDVD「サンゴの妖精」(2008年、ビーエムドットスリー)
  • アニメDVD「きグルみっく☆V3」(2009年、ビクターエンタテインメント)CD付き〔主題歌・アフレコ〕
  • DVD「リアルオーディション Otome」(2009年、ベンエンタテインメント)
  • DVD「お嬢様アイドルから麗しの女流作家への華麗なる転身(仮)」 白河理子ドキュメンタリー映画(2011年秋発売予定)
  • DVD「野見隆明のスーパースターになる方法」(2011年、オデッサ・エンタテインメント)
  • DVD「ニート・オブ・ザ・デッド」(2015年、スターボード)
  • 3rdDVD「プロデュースガール」(2015年、オルスタック)

CD[編集]

  • アニメ「きグルみっく☆V3」 主題歌『戦え!ぼくらのきグルみっく☆V3』(2009年、ビクターエンタテインメント)
  • Ceramix Recordsより発売予定
  • 1stミニアルバム「Rico Nico」(発売年不明)

CD-R写真集[編集]

  • Riviere(2006年、ICC)
  • Peche(2006年、ICC)

書籍[編集]

写真集[編集]

  • Fleurir(2006年、SPC)
  • mignon(2007年、SPC)
  • COCO(2008年、SPC)

著書[編集]

  • 「ジャズライブハウスレストランガイド 関東版」(2010年3月、ヤマハミュージックメディア)
  • 「女子大ガール 〜秘密の花園で、女子大生は何を学ぶのか〜」(2011年10月、駒草出版)

関連書籍(連載コラム)[編集]

  • ゲーマガ(2006年 - 、ソフトバンククリエイティブ)「リコリココラム」連載
  • ミスターバイク(連載開始時期不明、モーターマガジン社)コラム「理子先生のファッション概論」連載
  • 月刊アームズマガジン(連載開始時期不明、ホビージャパン)映画紹介コラム・監督&主演俳優インタビュー 「白河理子の今月のイチオシ!!」連載
  • e*onnna(2006年、GOT)占いコラム「運命を刺ししめす!理子の占いコーナー」連載
  • 極上のピアノ(2009年〜、ヤマハミュージックメディア)アーティストインタビュー「極上cafe」連載
  • 私の時間(2010年〜、ヒロコミュニケーションズ)私鉄沿線〜ぶらりエッセイ〜「優雅な休日」連載
  • 週刊漫画ゴラク公式サイト(2012年〜、日本文芸社)芸能人インタビュー「ゴラ食う虫も好き好き」構成協力

広告[編集]

  • 角川ホラー文庫「仄暗い水の底から」(鈴木光司著)雑誌広告
  • 台湾 ダイエット食品「3:8倶楽部」CM出演
  • コニカミノルタ企業パンフレット
  • 朝日新聞「アナウンサーセミナー」折込広告
  • 住友スリーエム企業PV

イメージガール[編集]

PCゲーム[編集]

スタイリスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 白河理子インタビュー★アイドルcheck!
  2. ^ “SFCの英知を結集した“バザール”は社会に何をもたらすのか” (日本語). ITmedia NEWS. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1211/09/news008.html 
  3. ^ タマカン打ち切りの真相判明?

外部リンク[編集]