白河ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白河ラーメン

白河ラーメン(しらかわラーメン)は、福島県白河市を中心に供されているラーメン。いわゆる「ご当地ラーメン」の一つである。

概要[編集]

豚骨鶏ガラを主体とした醤油ベースの澄んだスープと、スープが絡みやすい多加水の幅が広い縮れ麺が大きな特徴ではあるが、店舗によっては細縮れ麺を出す店もある。木の棒で麺を打つ手打ち麺が伝統的なスタイルだが、最近は減少傾向にある。具はネギチャーシューメンマ鳴門巻きホウレンソウなど。縁を食紅で塗り、炭火で焼いてから煮るチャーシューを使う店も多い[1]

歴史[編集]

白河ラーメンの発祥は亀源。現在人気なのはとら食堂。 同店の初代店主である竹井寅次が作るラーメンが美味しいと評判になったことから、市内から弟子入りを志願する人達が竹井の元を訪れるようになり、修業した人達が独立してラーメン店を出店。それらの店で修業した人達が独立して店を出すという連鎖を繰り返すことで、手打ちのちぢれ麺に醤油ベースのスープという白河ラーメンのスタイルが、市内各地へと広がるに至っている[2]

現在は白河市内に100店を超える店が存在し、観光資源の1つにもなっている[3]ほか、首都圏などにも白河ラーメンを出す店が広まっている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 白河ラーメン - 全国ご当地ラーメン - 新横浜ラーメン博物館
  2. ^ Vol.38 とら食堂 竹井 和之さん|ラーメン東へ西へ|力の源通信
  3. ^ 白河ラーメン - 福島県白河観光情報 | 行って!みっぺ!白河