白水直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白水 直樹
読売ジャイアンツ トレーニングコーチ #なし
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道
生年月日 (1979-02-05) 1979年2月5日(40歳)
身長
体重
176 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

白水 直樹(しろず なおき、1979年2月5日 - )は、日本のトレーニングコーチ鍼灸師あん摩マッサージ指圧師北海道出身[1]

来歴[編集]

駒澤大学附属岩見沢高等学校駒澤大学卒業。神奈川衛生学園専門学校卒業、鍼灸師あん摩マッサージ指圧師資格を取得。

北海道日本ハムファイターズを経て、筑波大学大学院修了(体育学修士)。

その後、日本ハムで1、2軍のコンディショニングトレーナーを務める[2]

2019年読売ジャイアンツの二軍トレーニングコーチに就任。


・ウイダートレーニングラボ・コーディネーター、筑波大学体育総合実験棟Sport Performance and Clinic Lab.アドバイザー、共栄大学男子サッカー部トレーニングアドバイザーを歴任[3]

2017年までコンディショニング担当を務め、大谷翔平ダルビッシュ有らのトレーニングをサポートし超一流への土台を作り上げた。 特に、二刀流に挑戦した大谷には投球フォームの助言をおこなう。速く切れのある球をいかに投げるかを課題にし、2016年に出した日本最速記録165キロに貢献した[4] [5]。また体調管理を研究し、その才能を開花させる一役を担った。ダルビッシュのトレーナーを務めるなど経験豊富で選手からの信頼も厚い。2018年はトレーナーを務めた[6]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 108 (2019年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]