白根記念渋谷区郷土博物館・文学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 白根記念渋谷区郷土博物館
文学館
SHIBUYA FOLK AND LITERARY
MEMORIAL MUSEUM
Shirane Memorial Museum1.JPG
(2015年6月28日撮影)
施設情報
前身 郷土資料室
専門分野 渋谷の通史の紹介
渋谷ゆかりの文学者の紹介
事業主体 渋谷区教育委員会
管理運営 白根記念渋谷区郷土博物館・文学館
開館 1975年(昭和50年)
所在地 150-0011
東京都渋谷区東四丁目9番1号
位置 北緯35度39分23.00秒
東経139度42分45.18秒
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館(しらねきねん しぶやく きょうどはくぶつかん・ぶんがくかん)は、東京都渋谷区東四丁目にある博物館・文学館である。

渋谷区教育委員会により運営され、郷土学習の窓口として、学校教育や生涯学習との連携を図りながら、講演会や歴史文化財講座、文学講座、体験学習講座、散策などを開催している。

概要[編集]

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館は、1975年(昭和50年)、渋谷区議会議員の故白根全忠より寄贈された宅地、邸宅をもとに、渋谷区に関する資料の保管・展示の場として「渋谷区立白根記念郷土文化館」が開館した。2005年(平成17年)、この建物を全面改築し新たに文学館を併設した。

常設展示では、渋谷の先史から現代までの歴史展示、特別展示、文学館展示などがあり、戦前の住宅が再現され、江戸時代の道具や縄文土器に触れることができる。特別展は、年2~3回開催するほか、情報コーナーで収蔵資料を検索したり、渋谷の地理・歴史・民俗などを総合的に学ぶことができる。

沿革[編集]

  • 1970年(昭和45年) - 区立中央図書館内に「郷土資料室」設置。
  • 1974年(昭和49年) - 渋谷区議会議員故白根全忠より宅地、邸宅、資料等の寄贈。
  • 1975年(昭和50年) - 「渋谷区立白根記念郷土文化館」開設。
  • 2002年(平成17年) - 改築し文学館機能を併設し「白根記念渋谷区郷土博物館・文学館」完成。

利用情報[編集]

  • 開館時間 - 火曜~日曜日、午前11時~午後5時(入館は午後4時30分まで)。
  • 休館日 - 月曜日(月曜日が祝日の場合は直後の平日)、年末年始。
  • 入館料 - 一般100円、小中学生50年、団体(10人以上)一般80円、小中学生40円。
60歳以上の人、障害のある人と付き添いの人は無料。

交通アクセス[編集]

鉄道
路線バス

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 川田寿著『近郊散策江戸名所図会を歩く』江戸名所図会、東京堂出版、1997年(平成9年)7月。
  • 渋谷区立白根記念郷土文化館著『白根郷土館だより』 創刊号~No.24、渋谷区立白根記念郷土文化館出版、2005年(平成17年)3月。
  • 白根記念郷土博物館・文学館著『ハチ公のみた渋谷展』白根記念郷土博物館・文学館出版、2005年(平成17年)7月
  • 白根記念渋谷区郷土博物館・文学館著『白根記念渋谷区郷土博物館・文学館 常設展示図録』白根記念渋谷区郷土博物館・文学館出版、2006年(平成18年)1月。
  • 白根九年渋谷区郷土博物館・文学館著『住まいからみた近・現代の渋谷郊外生活か』白根記念渋谷区郷土博物館・文学館出版、2007年(平成19年)10月。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度39分23.00秒 東経139度42分45.18秒 / 北緯35.6563889度 東経139.7125500度 / 35.6563889; 139.7125500