白根火山ロープウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

白根火山ロープウェイ(しらねかざんロープウェイ)は、群馬県吾妻郡草津町にかつて存在した草津観光公社のロープウェイである。白根火山ゴンドラとも呼ばれる。

Kisatushirane.JPG

概要[編集]

当ロープウェイは草津国際スキー場のスキー利用者専用のリフトとして建設され、1960年(昭和35年)に完成した。その後、当ロープウェイが2度架け替えられた。名称はロープウェイとなっていたが搬器はゴンドラリフトであった。グリーンシーズンも観光用として基本的に通年運行した。草津国際スキー場中ほどに位置する山麓駅(さんろくえき)と、逢ノ峰と本白根山の間に位置する山頂駅(さんちょうえき)とを結んでいた。 山麓駅は殺生河原付近にあり、国道292号に隣接している。山頂駅は標高2,027mにあり、山頂駅からは弓池近隣の白根レストハウスまで白根山シャトルバス(無料)が運行されていた。「わんこ入園料」を別途支払うことで、ペット犬を一緒に乗せることができた[1]

2018年1月23日、草津白根山本白根山が噴火し、噴石の直撃により山頂駅の屋根に穴が開いたほか、ゴンドラの窓ガラスが割れるなどの被害を受けた。施設の一部が立入禁止区域に含まれており、火口のうち一つはロープウェイから100メートル程度の至近距離にあるため、草津町の黒岩信忠町長は「警戒区域から外すことは難しい。どこかで重い決断をすることになる」と廃止も視野に検討する考えを示した[2][3][4]

そして同年2月9日、再開することなく廃止とする旨が発表された[5]。山頂駅には各種観測機器が設置されているため、廃止後も存置される予定となっている。

歴史[編集]

  • 1960年(昭和35年)2月25日 - 白根火山ロープウェイ(初代)が完成[6][7]
  • 1977年(昭和52年) - 白根火山ロープウェイが白根火山ゴンドラに架け替えられる[8][9][10]
  • 1988年(昭和63年) - 白根火山ゴンドラが再度架け替えられ白根火山ロープウェイ(2代目)となる[11]
  • 2018年(平成30年)1月23日 - 本白根山噴火により被災。以後運休となる。
  • 2018年(平成30年)2月9日 - 草津町の黒岩信忠町長が、再開せず廃止とする方針を発表。

路線データ[編集]

  • 全長:2,400m
  • ゴンドラ:6人乗り
  • 索道の方式:単線自動循環式普通索道
  • 線路水平長:
  • 線路傾斜長:
  • 高低差:
  • 運転速度:
  • 所要時間:約8 - 10分
  • 設計製作メーカー:日本ケーブル、CWA

営業時間[編集]

廃止以前の営業時間は9:00 - 16:20(冬季は16:00)まで。整備点検のための運休期間もあった。

標高差が大きい山岳部にあるため、風速18m/sの強風を観測すると運転を一時見合わせすることもあった[12]

駅一覧[編集]

山麓駅 - 山頂駅

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 白根火山ロープウェイ - Honda Dog(本田技研工業
  2. ^ 群馬)中腹ゲレンデ再開へ 草津国際「安全性問題ない」2018年1月26日 朝日新聞
  3. ^ 草津白根山噴火 被災ロープウエー 町長「廃止も視野」2018年1月26日 毎日新聞
  4. ^ 草津白根山噴火、噴石の直撃受けたロープウェイの閉鎖検討2018年1月26日 TBS
  5. ^ 「再開は不可能」噴石被害のロープウェー廃止へ2018年2月9日 読売新聞
  6. ^ 1960年代の出来事 - 湯Love草津(草津温泉観光協会)
  7. ^ 初代白根火山ロープウェイの写真 - 湯Love草津(草津温泉観光協会)
  8. ^ 1970年代の出来事 - 湯Love草津(草津温泉観光協会)
  9. ^ 白根火山ゴンドラ山麓駅の写真 - 湯Love草津(草津温泉観光協会)。マウスカーソルにて初代白根火山ロープウェイ山麓駅の写真と切り替え表示できる。
  10. ^ 広報いでゆ 2014年 1月号 (PDF) - 草津町。p.19に白根火山ゴンドラの写真あり。
  11. ^ 1980年代の出来事 - 湯Love草津(草津温泉観光協会)
  12. ^ よくある質問 - 草津観光公社 草津国際スキー場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度37分47.3秒 東経138度33分2.4秒