白建宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白 建宇
各種表記
ハングル 백건우
漢字 白建宇
発音: ペッ・コヌ
ローマ字 Kun-Woo Paik
テンプレートを表示

白 建宇(ペク・コヌ、クン=ウー・パイクとも、1946年5月10日 - )は韓国出身のピアニスト。現在はパリ在住。

略歴[編集]

10歳でグリーグピアノ協奏曲を韓国国立交響楽団と共演し、デビュー。のちにニューヨークジュリアード音楽院で学ぶが、コンクール歴はそれほど多くなく、ナウムバーグ国際コンクール優勝とブゾーニ国際ピアノコンクールの入選金メダルが獲られた程度である。しかしながら、彼が頭角を現したのは若手時代ではなく壮年期を迎えて自分のスタイルを確立した頃からである。これは、アメリカを離れ、グイド・アゴスティに一からピアノを学びなおしたことが大きいとされており、ブゾーニへの深い傾倒はアゴスティからの影響であることを彼本人が認めている。2000年湖巌賞芸術部門受賞。

スタイル[編集]

当初はラヴェルプロコフィエフなどの切れ味の鋭いピアニズムを優先する作曲家を多くてがけ、その延長線上でソラブジの薫る庭なども韓国人で初めて弾いている。その彼が打鍵のスピードを落とし叙情性を強調し始めたのはフォーレのアルバムを出した頃になる。近年はベートーヴェンにも取り組むなど、芸風を広げている。その一方で現代音楽にも造詣が深く、姜碩煕のピアノ協奏曲の初演者でもある。

誤記[編集]

  • https://archive.is/QXHQy
    • ブゾーニ国際ピアノコンクールでは、入選金メダルであり、優勝ではない。何度となく訂正依頼が本人その他レーベルから出されているが、この事務所に一切謝罪する姿勢がみえない。

外部リンク[編集]