白幡いちほ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しらはた いちほ
白幡 いちほ
プロフィール
別名義 ichihoPOPgazer
生年月日 1990年11月18日
現年齢 32歳
出身地 日本の旗 日本東京都福生市
血液型 O型
瞳の色
公称サイズ(時期不明)
身長/体重 159 cm / 45 kg
BMI 17.8
スリーサイズ 78 - 59 - 79 cm
活動
デビュー 2000年
ジャンル J-POP
所属グループ 最終未来兵器mofu(2014年3月 - 2016年8月)
劇場版ゴキゲン帝国(2016年9月 - 2021年4月)
活動期間 2000年 -
著名な家族 白鳥加奈子(母)
他の活動 タレント作詞家プロデューサー経営者
公式サイト ichihoPOPgazer 公式サイト
アイドル: テンプレート - カテゴリ

白幡 いちほ(しらはた いちほ、1990年11月18日 - )[1]は、日本の女性タレントシンガーソングライター作詞家プロデューサー経営者、元お笑いタレント、元アイドル。2021年より『ichihoPOPgazer』名義でソロ活動を開始[2]

本名は、白幡 一穂(しらはた かずほ)[1]。株式会社GOKIGEN JAPANの代表取締役[3]として飲食店経営[4]や、他アーティストへの作詞提供なども行う。身長159cm、血液型O型。東京都福生市出身。

略歴[編集]

東京都立福生高等学校卒業[5]。母親はモデルシャンソン歌手白鳥加奈子。きょうだいは本人も含めて4人いる[6]

2000年、10歳の時に芸能活動を始め、モデルとして『NTTドコモ』、『ディズニーアンバサダーホテル』、『東松グループ』、『KDDI』、『タイトー』などのCMに出演。モデル事務所には2008年4月まで在籍していた。

スクールJCA18期生としてお笑い業界に踏み入れ、2010年から2011年1月25日[7]まで、スクールJCAの同期生・深沢招広との男女コンビ『あっちこっち』で活動。その後、2011年2月から2012年5月18日まで、残間萌とのコンビ『裏庭コミックス』で活動。裏庭コミックスは残間の引退により解散[8]。裏庭コミックス解散後、それまで所属していたプロダクション人力舎を離れる。

その後しばらくフリーでピン芸人として活動していたが、元『WASABI』のおおたさゆりとコンビ『ハネリスピカ』を2012年8月に結成、2012年8月15日のライブ『お子様ランチvol.20』(東京都中野区・野方区民ホール)でハネリスピカとして初出演[9]。この時の相方・おおたに合流する形でトゥインクル・コーポレーション所属となる。2013年3月1日を以って、コンビ名をハネリスピカから少女ジャンプーズに改名[10]2014年7月に少女ジャンプーズ解散[11]、同月に白幡もトゥインクル・コーポレーションを離れフリーとなる[12]。現在はフリーでアイドルとして活動を続けている。

ピンでやっていた時のネタには、河童の着ぐるみを着て演じるもの(「河童のシンガーソングライター」など)などがあった[13]秋葉原的萌えクィーンコンテストの司会を務める。また『踊れる!アニソンディスコ』にレギュラー出演[14]。 2013年4月20日より、BAN BAN BAN主催のDJイベント「アニソンディスコ」のメンバーに加入[15]

ピン芸人となってからは「女芸人界一かわいい女芸人」を自称し[16][17]、「競うのはレディー・ガガなど外国人相手」とも話している[18]軟式globeの「平日KOIKE」(2013年~2015年)でもあった。

土方蓮奈、雨情華月とともに異色音楽ユニット『最終未来兵器mofu』を結成し、2014年3月9日より活動。mofuではリーダーを務める[18]。何度かのメンバーチェンジを経た後、最終未来兵器mofuは2016年9月1日から『劇場版ゴキゲン帝国』に改名して再スタート[19]。以降はアイドルとしての出演が増えAbemaTV版お願い!ランキングでは1月度MCとして芸人を紹介する側に回った[20]

2018年9月3日に株式会社GOKIGEN JAPANを設立。取締役会長兼プレイヤーに就任[21]

2019年3月10日、岸波藍(セプテンバーミー)と新バンド『福modest』を結成[22]

2020年3月15日、推しゃべり処「家虎」を開業[4]

2020年7月4日、無観客ライブ「エイベのアイドル夏祭り~哲、この部屋。無観客ライブ配信~」に矢口真里選抜スペシャルユニット『ヤサマオシ』のメンバーとして出演[23]

2021年4月18日、『劇場版ゴキゲン帝国』を卒業[24]。 以降は劇場版ゴキゲン帝国♾とは楽曲プロデュースの立場で関わる。

2021年8月31日に『ichihoPOPgazer』名義でソロ活動を開始。1stシングル「summer dive」を各種サブスクにて配信リリース[2]。同年11月19日に2ndシングル「モルヒネ」を配信リリース。

2021年11月末を以って劇場版ゴキゲン帝国♾の楽曲プロデュースを終了。

2022年5月8日、白幡が新たにプロデュースするアイドルグループ「IZANAGI」がデビューライブを開催[25]

2022年5月15日 ichihoPOPgazer名義3rdシングル「edeN」を配信リリース。

人物[編集]

  • ペットとしてフトアゴヒゲトカゲの梵さん、ヒョウモントカゲモドキの御湖ちゃん、パグの雲丹ちゃんを飼っている。
  • ファンからのプレゼントを2018年の自らの生誕祭を最後に受け取らなくなった。その頃やたら一升瓶の贈り物が増えたのを理由とし一時ネタにしていたが、欲しい物は自分で手に入れるのが彼女の好みのスタイルの様だった。
  • 自身がプロデュースするIZANAGIの曲「沖縄に行きたい」で初期の劇場版ゴキゲン帝国以来に白幡本人が振付を担当。自由で伸び伸びした発想の振付の復活がファンに好評だった。
  • 経営する推しゃべり処家虎の壁紙がマジックミラー号の壁紙と同じだったり、IZANAGIのMVロケ地が例のプールだったり、本人が下ネタ嫌いなの知ってるファンが敢えて避けてるのにも拘らず自分でネタを仕込んで笑わせようとする。

楽曲[編集]

  • NOGAME NOLIFE - 歌:白幡いちほ
    • 蒼い世界の中心で』DVD上巻(2013年3月29日発売)収録の特典アニメ『外伝 勇者ミョムト』のオープニングテーマ曲

配信シングル[編集]

  • ichihoPOPgazer名義
# 配信日 タイトル 備考
1st 2021年8月31日 summer dive 作詞・作曲:白幡いちほ。Music Video[33]。MVメイキング[34]
2nd 2021年11月19日 モルヒネ 作詞・作曲:白幡いちほ。Music Video[35]
3rd 2022年5月15日 edeN 作詞・作曲:白幡いちほ。Music Video[36]

楽曲提供[編集]

アーティスト タイトル 備考
キャンディzoo あにまるLOVE♡ワンダーランド 作詞を白幡いちほが担当。
POMÜM(ポムム) りーぷひゅぴしゅ! 作詞を白幡いちほが担当。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • レコメン!(2015年2月3日、文化放送
  • 白幡いちほの私がモテないのはどう考えてもアニメが悪い(2015年3月29日 - 、FM湘南ナパサ) - 毎月第5日曜日レギュラー(生放送
  • BANBANBANのラジオでポン(2015年8月8日・15日、FMうらやす)

ウェブテレビ[編集]

  • 東京ゲームショウ2013 ブシロードブース生放送(2013年9月21日、ニコニコ生放送)
  • ブシモ放送局(2013年11月1日 - 、ニコニコ生放送) - レギュラー出演
  • 放課後MAP-帰宅部全員集合-(2014年2月28日 - 、ニコニコ生放送) - レギュラー出演
  • 矢口真里の火曜The NIGHT(2018年4月11日、7月31日、10月24日、2019年11月6日、2020年4月8日、2021年4月7日[37]、2022年8月24日、AbemaTV) - 2018年4月、2019年11月、2021年4月は劇場版ゴキゲン帝国として出演
  • スピードワゴンの月曜The NIGHT(2019年8月20日、AbemaTV)酒豪甲子園SP
  • 給与明細(2020年2月17日[38]、5月25日[39]、9月14日[40]、AbemaTV) - 潜入ガール
  • TAPIR THERAPY短編映画『マイアップデート』(2021年2月6日、YouTube)主演[41]

携帯電話向け放送[編集]

  • ソーシャル@トーク#エンダン(NOTTV

CM[編集]

など

イベント[編集]

  • アニソンディスコ(2013年4月20日 - 2017年卒業)

推しゃべり処家虎[編集]

住所[編集]

東京都杉並区高円寺南4丁目42番1号

キャスト[編集]

  • 音鳴さなり(劇場版ゴキゲン帝国∞)
  • 果糖あや(劇場版ゴキゲン帝国∞)
  • 乗松蛍

出版[編集]

デジタル写真集[編集]

  • 白幡のターン! (白幡いちほコスプレ写真集 2012年7月24日 製作・企画:エイチエム企画)
  • 白幡はコスプレをくりだした! (白幡いちほコスプレ写真集 2013年3月18日 製作・企画:エイチエム企画)

連載[編集]

  • ボーカロイドマガジン『ボカマガ』内連載『はじめてのボカロ』

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 芸人名鑑・白幡いちほより。
  2. ^ a b 元ゴキ帝白幡いちほのソロ名義・ichihoPOPgazerが新曲配信、MVで男性らしき姿と戯れる”. 音楽ナタリー. 2021年11月21日閲覧。
  3. ^ 劇場版ゴキゲン帝国 白幡いちほ、ガチで取締役会長になったアイドルの野望”. BARKS. 2021年11月21日閲覧。
  4. ^ a b ゴキ帝Ω・白幡いちほがドルオタのための居酒屋「推しゃべり処 家虎」開業”. CINRA. 2021年11月21日閲覧。
  5. ^ a b 母校”. 白幡いちほオフィシャルブログ (2013年2月17日). 2016年11月1日閲覧。
  6. ^ 元自衛官がモデル&シャンソン歌手 オリジナルソングで被災地復興支援”. 夕刊フジ (2014年9月26日). 2015年8月30日閲覧。
  7. ^ 白幡いちほのtwitter(2011年1月26日)
  8. ^ 裏庭コミックスの「日常」- 「解散のご報告。」
  9. ^ 白幡いちほのブログ 2012年8月15日より。
  10. ^ 「白幡いちほのブログ 今日から白幡のターン!」2013年3月1日にて報告。
  11. ^ 白幡のブログ 2014年7月16日
  12. ^ 大事なお知らせ。”. ※私が才能の塊です。 (2014年8月1日). 2015年3月21日閲覧。
  13. ^ 幸せ!ボンビーガール”. 白幡いちほオフィシャルブログ (2012年9月29日). 2016年11月1日閲覧。
  14. ^ a b c d e ※私が才能の塊です。(ブログトップ)より。
  15. ^ 白幡いちほのブログ 今日から白幡のターン! 2013年4月27日「アニソンディスコ」
  16. ^ かわいい女芸人”. 白幡いちほのブログ 今日から白幡のターン! (2014年1月24日). 2014年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月25日閲覧。など。
  17. ^ “女芸人界一かわいい女芸人”白幡いちほ、アニメやコミケ題材の着ボイス配信”. お笑いナタリー (2014年12月17日). 2017年2月26日閲覧。
  18. ^ a b c 自称“女芸人No.1美女”白幡いちほ「ライバルはガガ」”. 東スポWeb (2015年3月19日). 2015年3月21日閲覧。
  19. ^ 劇場版ゴキゲン帝国になりました”. 白幡いちほオフィシャルブログ (2016年9月14日). 2016年11月1日閲覧。
  20. ^ https://twitter.com/AbemaTV/status/821366217537523713
  21. ^ “🍭 ゴキ帝の白幡いちほ、アイドル界初の代表取締役会長兼プレイヤーに就任 - Pop'n'Roll(ポップンロール)”. https://popnroll.tv/articles/104 2018年9月11日閲覧。 
  22. ^ ゴキ帝の白幡いちほ、セプテンバーミー岸波藍が新バンド「福modest」結成”. 音楽ナタリー. 2021年11月21日閲覧。
  23. ^ 矢口真里選抜にゴキ帝白幡いちほ抜擢「インディーズアイドル界を背負ってぶちかまします!」”. 音楽ナタリー (2020年7月3日). 2022年3月11日閲覧。
  24. ^ “ゴキ帝”創始者 白幡いちほ&先斗ぺろ卒業「劇場版ゴキゲン帝国∞」へ進化” (日本語). ドワンゴジェイピーNews (2021年4月19日). 2021年11月21日閲覧。
  25. ^ 白幡いちほプロデュースの新アイドルグループ「IZANAGI」、5/8デビューライブ開催決定”. BARKS (2022年4月21日). 2022年5月22日閲覧。
  26. ^ a b c 「白幡いちほのブログ 」内プロフィールより。
  27. ^ 公式プロフィールより。
  28. ^ 白幡いちほのブログ 今日から白幡のターン! 2013年6月21日「超嫁激妄想」
  29. ^ 白幡いちほのブログ 今日から白幡のターン! 2013年6月21日「アニソンディスコ名古屋」
  30. ^ アニメイトTVの編集者を“アカメ”が斬る! 7月にオンエアのアニメ『アカメが斬る!』メディアキャラバンがスタート!”. アニメイトTV (2014年7月6日). 2014年2月5日閲覧。
  31. ^ 24歳のアイドル・白幡いちほの「ゴミ屋敷生活」に密着”. livedoorNEWS (2015年2月6日). 2015年3月21日閲覧。
  32. ^ 酒乱のアイドルがプロデューサーやカメラマンを何度も殴打「酒飲ませろ!」”. livedoorNEWS (2016年7月14日). 2015年3月21日閲覧。
  33. ^ ichihoPOPgazer「summer dive」Music Video - YouTube2022年5月22日閲覧。
  34. ^ 「summer dive」MVメイキング - YouTube2022年5月22日閲覧。
  35. ^ ichihoPOPgazer「モルヒネ」Music Video - YouTube2022年5月22日閲覧。
  36. ^ ichihoPOPgazer「edeN」Music Video - YouTube2022年5月22日閲覧。
  37. ^ 最強で最狂のパンクアイドル爆裂女子!矢口真里の火曜The NIGHT#229”. ABEMA (2021年4月7日). 2021年4月7日閲覧。
  38. ^ (日本語) 給与明細 - 本編 - #86:韓国ガールが見た5万円分の夢…初体験ホストクラブ | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】, https://abema.tv/video/episode/90-978_s1_p86 2020年3月6日閲覧。 
  39. ^ 現役アイドルがZoomキャバ嬢初体験!常連客から「好き」「ドキドキしちゃう!」連発” (日本語). ABEMA TIMES (2020年5月26日). 2020年5月27日閲覧。
  40. ^ 次世代のカリスマ候補を捜索!セクシー女優、風俗嬢、地下アイドルのニューカマーは? 【ABEMA TIMES】” (日本語). ABEMA TIMES (2020年9月15日). 2020年10月14日閲覧。
  41. ^ 短編映画『マイアップデート』

外部リンク[編集]