白崎昭一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白崎 昭一郎(しらさき しょういちろう、1927年1月17日 - 2014年8月3日[1])は、作家、歴史家医師。 東京生まれ。1950年京都大学医学部卒。開業医、福井保健所長、福井工業大学教授、『福井県史』古代史部会の副部会長などを務めた。

著書[編集]

  • 継体天皇の研究 福井県郷土誌懇談会 1972
  • 埋もれた王国 古代を追う人々 大和書房 1977.7
  • 東アジアの中の邪馬台国 芙蓉書房 1978.7
  • 越前若狭の古代史 福井県郷土誌懇談会 1980.8 (福井県郷土新書)
  • 橋本左内 毎日新聞社 1988.5
  • 広開土王碑文の研究 吉川弘文館 1993.6
  • 山川登美子と明治歌壇 吉川弘文館 1996.11
  • 森鴎外 もう一つの実像 吉川弘文館 1998.6 (歴史文化ライブラリー)
  • 正伝・松平春嶽 東京新聞出版局 2002.5
  • 「明石人」と直良信夫 雄山閣 2004.1
  • 樋口一葉日記の世界 鳥影社 2005.7 (季刊文科コレクション)
  • 継体天皇の実像 雄山閣 2007.3

参考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [おくやみ] 白崎昭一郎 氏(医師、郷土作家)- Sogi.jp