白崎容子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白崎 容子(しらさき ようこ、1947年8月22日 - )は、日本イタリア文学者。

東京都生まれ。1970年東京外国語大学イタリア語科卒、1974年同大学院博士課程中退、1985年武蔵野音楽大学専任講師、1998年慶應義塾大学文学部助教授、2002年教授[1]2013年退職。2014年カオス・シチリア物語』で尾河直哉とともに第1回須賀敦子翻訳賞受賞[2]

著書[編集]

  • 『イタリア語速修15日 カラー図解』創拓社 1994
  • 『1からはじめるイタリア語練習』白水社 1994
  • 『イタリア語を学ぶ たのしく覚える基本会話』PHP新書 1998
  • 『らくらくマスターイタリア語 初歩から使いこなすまで』郁文堂 2000
  • トスカ イタリア的愛の結末』ありな書房 オペラのイコノロジー 2008

共著[編集]

  • 『英語から学ぶイタリア語会話』マリーサ・ディ・ルッソ共著 創拓社 アプリケイティブ・メソッド 1991
  • 『パッソ・ア・パッソ』秋山余思,一ノ瀬俊和共編 白水社 1993
  • 『英語から覚えるイタリア語単語』野里紳一郎共著 創拓社 1996
  • 『60歳からのイタリア語入門』入江たまよ共著 三修社 2000
  • 『はじめようイタリア語』入江たまよ共著 三修社 2001
  • 『ダリオのイタリア語』ダリオ・ポニッスィ共著 白水社 2002
  • 『日本語から引く知っておきたいイタリア語 :プログレッシブ単語帳』バルバラ・ピザーニ共編 小学館 2002
  • 『イタリア語チャレンジブック』入江たまよ共著 三修社 2005
  • 『読むイタリア語』入江たまよ共編著 白水社 2005
  • 『らくらくマスターイタリア語 初歩から使いこなすまで 教科用』アントニオ・マイッツァ共著 郁文堂 2010
  • 『プリーモ伊和辞典』高田和文,岡田由美子, 秋山美津子, マリーサ・ディ・ルッソ, カルラ・フォルミサーノ共編 秋山余思監修 白水社 2011

翻訳[編集]

  • 新版『ローマ百景 建築と美術と文学と』(全2巻) 2006-09。伊藤・上村・浦一章共訳 
  • ジャンニ・ロダーリ『二度生きたランベルト』平凡社 2001
  • レオネッタ・ベンティヴォリオ編著『わたしのヴェルディ 16人のアーティストが語る12の傑作オペラ』音楽之友社 2001
  • マリアテレーザ・フマガッリ=ベオニオ=ブロッキエーリ『エロイーズアベラール ものではなく言葉を』石岡ひろみ,伊藤博明共訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 2004
  • ビンバ・ランドマン文・絵『シャガール わたしが画家になったわけ』西村書店 2006
  • ルイジ・ピランデッロ『カオス・シチリア物語 短編集』尾河直哉共訳 白水社 エクス・リブリス・クラシックス 2013
  • 『名作短編で学ぶイタリア語』関口英子共編訳 ベレ出版 2014
  • ナタリア・ギンズブルグ『小さな徳』須賀敦子の本棚:河出書房新社 2018 

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 第1回「須賀敦子翻訳賞」授賞式”. イタリア文化会館 東京. 2015年1月8日閲覧。