白山神社 (土岐市泉中窯町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
白山神社

Tokisi hakusan jinjya 2021-5-12.jpg
拝 殿

Tokisi hakusan jinjya 2015-11-5.jpg
一の鳥居
所在地 岐阜県土岐市泉中窯町1丁目38番地
位置 北緯35度22分9.7秒 東経137度11分16.4秒 / 北緯35.369361度 東経137.187889度 / 35.369361; 137.187889
主祭神 菊理姫命
社格 金幣社(旧・村社
創建 1686年貞享3年)再建
主な神事 人形昇天祭、茅の輪くぐり、秋の例大祭歳旦祭左義長祭、初午祭
地図
土岐市 金幣社 白山神社の位置(岐阜県内)
土岐市 金幣社 白山神社
土岐市 金幣社 白山神社
土岐市 金幣社 白山神社 (岐阜県)
テンプレートを表示

白山神社(はくさんじんじゃ)は、岐阜県土岐市泉町の大富(おおとみ)地区内の泉中窯町(いずみなかがまちょう)1丁目に鎮座する神社金幣社)。

結婚式場である神泉殿が併設されている。なお、泉町の久尻(くじり)地区には久尻神社が、定林寺(じょうりんじ)地区には稲荷神社が鎮座する。

祭神[編集]

祭神
副祭神
末社

由緒[編集]

大富の地はその昔、高田勅使田(たかだてしでん)と言われ、朝廷直轄の地であった。『美濃国神名帳』によれば、同地の守護神として高田明神が祭られていたとされる。

清和源氏の直系である土岐頼貞は、美濃守護の任を受け、この神社の近くの大富館に居住して近在を統治したが、一族の氏神として高田明神を厚く信仰した。その後、頼貞の子孫も代々手厚く祭祀したが、同社は戦国時代1574年天正2年)に、武田勝頼の軍により焼失させられた。

現在の白山神社は、江戸時代1686年貞享3年)に加賀白山比咩神社の祭神を勧請して、現在地に造営されたものである。その後、神仏習合により玉林山竜泉寺が併設され、1720年享保5年)には大鳥居も建立され、諸願成就、縁結びの神として村人の崇敬心が益々高まっていった。

その由緒・崇敬により、1873年明治6年)に村社となり、戦後の1960年昭和35年)には銀幣社、次いで1966年(昭和41年)には金幣社に昇格している[1]

現在の社殿は、1930年(昭和5年)に改築されたものであるが、その後、大富区内に奉祭されていた稲荷神社、日神子神社なども境内社として合祀された。また、1963年(昭和38年)には結婚式場として神泉殿が併設された。

画像集[編集]

文化財[編集]

国の天然記念物
土岐市指定文化財

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 土岐市 金幣社 白山神社 - 岐阜県神社庁
  2. ^ 白山神社のハナノキおよびヒトツバタゴ - 国指定文化財等データベース(文化庁
  3. ^ 白山神社のハナノキ及びヒトツバタゴ - 土岐市
  4. ^ 白山神社のハナノキ及びヒトツバタゴ - 岐阜県

参考文献[編集]

  • ふるさと泉編集委員会(委員長:田中鈴夫)編纂 『ふるさと泉』
  • 田中鈴夫 『窯の昔と今』(PDF)
  • 土岐市史編纂委員会編纂 土岐市長(二宮安徳)発行 『土岐市史』
  • 『参拝のしおり』(PDF)

外部リンク[編集]