白勢黎吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

白勢 黎吉(しろせ れいきち、1883年明治16年)3月9日[1] - 没年不詳)は、台湾総督府官僚。実業家

経歴[編集]

新潟県に今井文三の二男として生まれ、白勢家を継いだ[1]1909年(明治42年)に東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、高等文官試験に合格した[1]台湾総督府鉄道部書記、同事務官交通局理事、鉄道部長兼総務課長、交通局総長を歴任した[1]

退官した後は、台湾青果社長、常磐簡易火災保険会社常務取締役、東海運輸株式会社社長、台湾土地建物株式会社取締役、台湾乗合自動車事業組合理事長、台湾自動車事業組合連合理事などを務めた[2]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(上)』 人事興信所、1943年


公職
先代:
丸茂藤平
日本の旗 台湾総督府交通局総長
第6代:1929 - 1932
次代:
堀田鼎