白井賢胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
白井賢胤
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 不詳
別名 助四郎
官位 縫殿助、越中守
主君 陶隆房(晴賢)小早川隆景
氏族 千葉氏白井氏
父母 父:白井房胤、母:熊谷元直の娘
乃美賢勝の娘(乃美宗勝の姉または妹)
白井晴胤(妻は江良房栄の娘)

白井 賢胤(しらい かたたね、生没年不詳)は、安芸国国人領主白井氏の当主。周防長門国の戦国大名大内氏に仕えた後、毛利氏に降伏して小早川隆景に仕えた。

生涯[編集]

白井氏は「胤」を通字とする千葉氏の一族で、その一族である安芸白井氏は安芸武田家の代々の家臣であったが、白井賢胤は大内氏の家臣であり、大内氏重臣の陶氏との関係が深く、賢胤の名乗りも陶晴賢偏諱(「賢」の字)を賜ったものと推測される。天文20年(1551年)の大寧寺の変で、陶隆房(晴賢)が大内義隆を殺害すると、その麾下に加わった。大内義隆家臣で石見国の国人領主であった吉見正頼が、この政変に反旗を翻すとその討伐に赴いた。

天文22年(1553年)、備後国旗返城の領有問題を契機に陶氏と毛利氏の関係が決定的に悪化。天文23年(1554年)同年5月には居城の仁保島城が毛利軍によって攻撃され、賢胤は府中出張城に逃亡。9月には折敷畑の戦いで陶家臣宮川房長毛利元就の奇襲で討死する大敗を喫する。賢胤は大内水軍の主力として仁保島城奪回を目指し攻撃するも、仁保島城将香川光景に撃退された。

天文24年(1555年)4月には、同じ広島湾水軍の将であった野間隆実の居城矢野城が毛利元就の攻撃を受けて落城。隆実は殺害され、ほぼ同時期に賢胤も府中出張城から逃亡した。賢胤は周防国の宇賀島に引いた後、宮島に築城された宮尾城(城将:己斐直之新里宮内少輔)の攻撃にも主力として加わったが、攻略することはできなかった。これら毛利氏の勝利に業を煮やした陶晴賢は、大内軍の主力20,000を率いて宮島に上陸し、厳島の戦いの火蓋が切られた。毛利元就の奇襲によって大内軍は大混乱の後に壊滅。陶晴賢も自害した。

この戦いの後も、賢胤は大内氏に仕え続けたが、防長経略の結果、弘治3年(1557年大内義長且山城にて自害すると、毛利氏に臣従。小早川隆景の下に付けられ、義理の兄弟である乃美宗勝らとともに毛利水軍の一員として活動した。

没年は不詳だが、天正15年(1587年)、賢胤の嫡子晴胤(はるたね)が豊臣秀吉九州征伐の際に戦病死した事を伝える書状が、小早川隆景から賢胤宛に送られている。

その他[編集]

異説として、白井房胤(ふさたね)と、その子とされる白井賢胤は同一人物という説もある(この場合、父は白井膳胤(妻は熊谷膳直(元直の父)の姉または妹)ということになる)。房胤の「房」も陶氏から受けたものであり、その説が正しかった場合、初めは隆房の「房」の字を受けて房胤、のち隆房が晴賢に改名すると重ねて偏諱を与えられて賢胤と名乗ったということになる。但し、多くの系図では父子関係にあったとしている。房胤・賢胤がどの世代であるかも推定が難しいため、それによっては房胤は隆房の父・興房から1字を受けた可能性もある。

一方、賢胤の嫡男である晴胤も陶晴賢の「晴」の字を賜ったものと考えられる。「晴」の字は、将軍足利義晴大内晴英(義長の初名)→陶晴賢と下賜されてきたものであり、この字を与えられたというだけでも破格の待遇を受けていたことがうかがえる。

孫(晴胤の子)の景胤(かげたね)は主君の小早川隆景より「景」の字を受けている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]