白井善三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

白井 善三郎(しらい ぜんざぶろう、1932年? - )は、日本の元ラグビー選手及び同指導者で、現在は実業家

プロフィール[編集]

来歴[編集]

鍋料理の『博多水炊き』専門店、新三浦の三代目店主であり、金野滋日本ラグビーフットボール協会(以下、日本協会)会長時代には、同協会専務理事を務めた。

福岡県立福岡高等学校2年の時にラグビーを始め、早稲田大学(以下、早大)商学部に進学後も、ラグビー部で活動。卒業後は実家の店を継いだが、1963年築地に新三浦を進出させると、拠点を東京に移し、母校、早大ラグビー部のアシスタントコーチに就任。1968年度、早大監督に就任し、同年度の全国大学ラグビーフットボール選手権大会決勝で、慶應と14-14の同点優勝をもたらした(しかし、日本ラグビーフットボール選手権大会の出場権は抽選の結果、慶應に奪われた)。なお、早大監督は同年度限りで退任。

その後、1970年に創設されたばかりの帝京大学ラグビー部を指導し、同チームの関東大学ラグビー対抗戦グループ加入に尽力した後、1978年度シーズンより2年間、早大監督を務めた。

その後は日本協会の理事として、ラグビー中継の解説者等で活動。上記の通り、後に専務理事となった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]