白丸ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白丸ダム
白丸ダム
所在地 左岸:東京都西多摩郡奥多摩町白丸字馬沢石
右岸:東京都西多摩郡奥多摩町白丸字上ル瀬
位置 北緯35度48分40秒
東経139度07分27秒
河川 多摩川水系多摩川
ダム湖 白丸調整池
(通称:白丸湖)
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 30.3 m
堤頂長 61.0 m
堤体積 14,161
流域面積 134.0 km²
湛水面積 9.0 ha
総貯水容量 893,000 m³
有効貯水容量 300,000 m³
利用目的 発電
事業主体 東京都交通局
電気事業者 東京都交通局
発電所名
(認可出力)
多摩川第三発電所
(16,400kW)
白丸発電所
(1,100kW)
施工業者 鹿島建設
着手年/竣工年 1960年/1963年
テンプレートを表示

白丸ダム(しろまるダム)は、東京都西多摩郡奥多摩町白丸、多摩川水系多摩川に建設されたダム。高さ30.3mの重力式コンクリートダムで、東京都交通局発電用ダムである。同局の水力発電所・多摩川第三発電所および白丸発電所に送水し、合計最大1万7,500kWの電力を発電する。ダム湖(人造湖)の名は白丸湖(しろまるこ)という。

歴史[編集]

1963年昭和38年)、東京都交通局が白丸狭窄地帯と呼ばれる多摩川断崖のに建設した。貯えた水は下流の御岳にある多摩川第三発電所に送水し、最大16,400kWの電力を発電させる。

2001年(平成13年)、国土交通省魚道を新設し、多摩川に生息する魚の往来が出来るようにした。また、白丸ダム直下に白丸発電所が建設され、観光のための放流水を利用して1,100kWの電力を発電できるようにした。

周辺[編集]

JR青梅線白丸駅下車、徒歩10分。エメラルドグリーンが壮観な、東西に細長い人造湖である。

上流には小河内ダム(奥多摩湖)があり、その直下にも東京都交通局の多摩川第一発電所がある。白丸ダムが東京都交通局による発電用ダムであるのに対し、小河内ダムは上水道用水確保を主目的とした東京都水道局のダムである。

白丸ダムが登場する作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]