白い貴婦人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古城に現れた「白い貴婦人」(ジュール・ヴェルヌの怪奇小説『カルパチアの城』挿絵)

白い貴婦人(しろい きふじん 英語: White Ladyドイツ語: Weiße Frau)は、古い城館などに出現するという、ヨーロッパ各地で語り継がれる幽霊伝説[1]。「白い女」とも。

概要[編集]

瀕死の女の前に現れた「白い貴婦人」

ヨーロッパには、人が死ぬ際には、フクロウが鳴いたり、誰かが戸や窓を小さく打つような音がするなどの迷信がある。

ある一部の貴族の家系においては、一族の誰かが死去する際に、城館に白い女が出現するという。それは多くの場合は一族の祖霊であり、その出現は、誕生や婚礼など喜ばしい出来事の前兆であることもあった[2]

王朝の断絶を告げるものであったり、一般的な幽霊と同じように廃城を彷徨うものであったりする場合もある。

オーストリア[編集]

ショッテン修道院ドイツ語版には、真夜中にベルタ・フォン・ローゼンベルク(Berta von Rosenberg)の霊が出現するという言い伝えがある[1]。この霊の姿が現れるのは、修道院関係者の誰かが死ぬ前兆だった[1]

ウィーンの王宮にも「白い貴婦人」が出現したことがあるという[1]

チェコ[編集]

チェコにおいて最も有名な「白い貴婦人」は、ロジュンベルカ家英語版に関連するものである。伝説によれば、一番多く現れるのは夜だったが、昼間にも現れることがあり、出会った人々と会釈や挨拶を交わすこともあったという[2]。ロジュンベルカ家最後の男子ヨシュト・ズ・ロジュンベルカチェコ語版が乳幼児だった時、その子守りをした。城館の人々はそれを受け入れたが、新しく入った子守り女の一人が「白い貴婦人」を信用せず、その腕から赤ん坊を強奪した。「白い貴婦人」は怒ってそれから姿を現さなくなったという[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 小谷(2013), p. 92.
  2. ^ a b c イラーセク(2011) p.323-332

参考文献[編集]

  • アロイス・イラーセクチェコの伝説と歴史』浦井康男訳、北海道大学出版会、2011年3月31日。ISBN 978-4-8329-6753-3
  • 小谷一夫ウィーン伝説考:旧市街の言い伝えについて (PDF) 」 『兵庫県立大学環境人間学部 研究報告』第15号、兵庫県立大学、2013年3月10日、 89-98頁。

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、白い貴婦人に関するカテゴリがあります。