白い指の戯れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白い指の戯れ』(しろいゆびのたわむれ)は、1972年6月7日公開の日本映画。上映時間78分。日活が製作、配給した。日活ロマンポルノの代表作である。日活ロマンポルノとしては初のキネマ旬報ベストテン入りを果たした。仮題タイトルは「しなやかな指の女」という題名だった。

伊佐山ひろ子のデビュー作であるとともに、松田優作作品を数多く監督した村川透のデビュー作でもある。アメリカン・ニューシネマを意識した作品でもあり、2012年には、日活百周年のイベント「生きつづけるロマンポルノ」において渋谷オーディトリウムほか全国多くの映画館でリバイバル上映された。

スタッフ[編集]

  • 監督:村川透
  • 脚本:神代辰巳、村川透
  • 企画:三浦朗
  • 撮影:姫田真佐久
  • 美術:松井敏行
  • 音楽:小沢典仁
  • 録音:古屋恒夫
  • 助監督:古屋和彦、岡本考二
  • 照明:高島利隆
  • 編集:井上親弥
  • スチール:浅石靖

キャスト[編集]