この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

白い巨塔 (2019年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白い巨塔 > 白い巨塔 (2019年のテレビドラマ)
テレビ朝日開局60周年記念
5夜連続ドラマスペシャル
山崎豊子

白い巨塔
ジャンル テレビドラマ
原作 山崎豊子
脚本 羽原大介
本村拓哉
小円真
監督 鶴橋康夫
常廣丈太
出演者 岡田准一
松山ケンイチ
沢尻エリカ
夏帆
満島真之介
飯豊まりえ
徳永えり
八嶋智人
長谷川朝晴
尾上寛之
高島礼子
市川実日子
美村里江
浅田美代子
市毛良枝
岸部一徳
松重豊
小林薫
寺尾聰
ナレーター 谷田歩
音楽 兼松衆
製作
チーフ・
プロデューサー
五十嵐文郎
プロデューサー 内山聖子(エグゼクティブプロデューサー)
船津浩一
秦祐子
制作 ロボット(制作協力)
製作 テレビ朝日
放送
放送チャンネル テレビ朝日
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年5月22日 - 26日
放送時間 21:00 - 22:24(2019年5月22日 - 24日)
21:00 - 23:10(2019年5月25日・26日)[1]
放送分 84(2019年5月22日 - 24日)分
130(2019年5月25日・26日)[1]
回数 5
公式ウェブサイト

白い巨塔』(しろいきょとう)は、「テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル」として、テレビ朝日系列にて2019年5月22日(水曜日)から26日(日曜日)の5夜連続で各日とも21時から開局60周年記念として放送されたスペシャルドラマである。

概要

山崎豊子原作の同名小説6度目のテレビドラマ化。テレビ朝日でのドラマ化は前身の日本教育テレビ(NETテレビ)時代を含めて3回目となる。また、原作者の山崎が2013年に逝去した後に制作されるのもこれが初めてである。

本作での財前の設定は、「腹腔鏡のスペシャリスト」であり、時代設定も放送年と同じ2019年に変更された(原作は昭和30年代)。

放送時間

放送時間はいずれもJST

  • 5月22日(水曜日) - 24日(金曜日):21時 - 22時24分(各84分)[1]
  • 5月25日(土曜日) - 26日(日曜日):21時 - 23時10分(各130分)[1]

キャスト

主要人物
財前五郎
演 - 岡田准一[2]
浪速大学医学部第一外科 准教授→浪速大学医学部第一外科 教授。
腹腔鏡手術を専門としている。天才的なオペの名手であり、ゆえに実力主義で自信家である。
里見脩二
演 - 松山ケンイチ[2]
浪速大学医学部第一内科 准教授→関西がんセンター先端医療研究所 医師。
花森ケイ子
演 - 沢尻エリカ[3]
財前五郎の愛人。バー「ラディゲ」ホステス。
東貞蔵
演 - 寺尾聰[2]
浪速大学医学部第一外科 教授→近畿労災病院 院長。
東都大学医学部卒業。野心が強く、日に日に大きくなる財前の存在に嫉妬心を抱き、快く思っていない。次期第一外科教授選選考委員会 委員であり、次期教授に菊川を推薦する。次期第一外科教授選を行なう前に、投票を棄権して退出した。
浪速大学医学部
鵜飼裕次
演 - 松重豊[4]
部長、第一内科 教授、第一内科 部長。次期第一外科教授選選考委員会 委員。絵画収集が趣味。
大河内恒夫
演 - 岸部一徳[4](第二夜 - 最終夜)
病理学科 教授。次期第一外科教授選選考委員会 委員長。
柳原雅博[注 1]
演 - 満島真之介[5]
第一外科 医局員→第一外科 助教→高知県の無医村の医師。
佃友弘
演 - 八嶋智人[5]
第一外科 医局長→第一外科 講師。
金井達夫
演 - 長谷川朝晴
第一外科 講師→第一外科 准教授。
安西太郎
演 - 尾上寛之
第一外科 助教→第一外科 医局長。
亀山君子
演 - 美村里江[6](第一夜・第三夜 - 最終夜)
第一外科 看護師。
第四夜では、既に看護師を退職して妊娠している。
野坂奈津美[注 2]
演 - 市川実日子[6](第二夜 - 第三夜・最終夜)
脳外科 教授[注 3]。次期第一外科教授選選考委員会 委員。
選考委員会で第一外科教授選の候補が財前と菊川で決まろうとしたとき、他の候補を推薦する。
滝村恭輔
演 - 小林稔侍(第一夜)
名誉教授。
葉山幸彦
演 - 近藤芳正(第二夜 - 第三夜・最終夜)
産婦人科 教授。次期第一外科教授選選考委員会 委員。鵜飼派。
今津敏郎
演 - 飯田基祐(第二夜 - 第三夜・最終夜)
第二外科 教授。次期第一外科教授選選考委員会 委員。東派。
乾正伸
演 - 山中聡(第二夜 - 第三夜・最終夜)
皮膚科 教授。野坂派。
河合光雄
演 - 菅原永二(第二夜 - 第三夜・最終夜)
小児科 教授。野坂派。
財前家
財前又一
演 - 小林薫[4]
財前五郎の義父。財前産婦人科 院長、大阪中央医師会[注 4] 副会長。
財前杏子
演 - 夏帆[4]
財前五郎の妻。財前又一の娘。
黒川キヌ
演 - 市毛良枝[5](第一夜・第三夜 - 最終夜)
財前五郎の母。岡山に住んでいる。
里見家
里見三知代
演 - 徳永えり(第一夜 - 第二夜・第四夜)
里見脩二の妻。
里見好彦
演 - 鳥越壮真(第一夜・第四夜)
里見脩二・三知代の息子。
東家
東政子
演 - 高島礼子[5]
東貞蔵の妻。
東佐枝子
演 - 飯豊まりえ[5]
東貞蔵の娘。浪速大学病院図書館司書。
他大学の医師
船尾徹
演 - 椎名桔平[6](第一夜 - 第三夜)
東都大学医学部第二外科 教授。
菊川昇
演 - 筒井道隆(第二夜 - 第三夜)
金沢国際大学医学部第一外科 教授。
佐々木家
佐々木庸平
演 - 柳葉敏郎[6](第三夜 - 最終夜)
繊維問屋・佐々木商店店主。
糖尿病の悪化に伴い診療所の紹介で浪速大学病院に行って検査を受けた結果、糖尿病以外の膵臓癌と診断される。財前の手術によって腫瘍は摘出されたものの、手術後しばらくして容態が急変し、膵臓癌とは関係ない肝不全により息を引き取った。
佐々木よし江
演 - 岸本加世子[6](第三夜 - 最終夜)
庸平の妻。
佐々木庸一
演 - 向井康二[6](第三夜 - 最終夜)
庸平とよし江の息子。
弁護士
関口徹[注 5]
演 - 斎藤工[6](第四夜 - 最終夜)
関口法律事務所 所長兼弁護士。原告側(佐々木家)の代理人を受ける。
以前は河野法律事務所に所属していた。
国平幸一郎
演 - 山崎育三郎[6](第四夜 - 最終夜)
河野法律事務所所属弁護士。被告となる財前五郎の代理人を受ける。
河野正徳
演 - 矢島健一(第四夜 - 最終夜)
河野法律事務所 所長兼弁護士。国平と共に被告となる財前五郎の代理人を受ける。
その他
鵜飼典江
演 - 浅田美代子
鵜飼裕次の妻。
岩田重吉
演 - 岩松了(第一夜 - 第四夜)
大阪中央医師会 会長。鵜飼と同期でゴルフ仲間。
鍋島貫治
演 - 山田純大(第一夜 - 第四夜)
大阪市議会議員。
山田音市
演 - 本田博太郎(第一夜)
近畿新聞会長。東のスぺ患でもある。 膵癌で救急搬送された際、執刀医に財前を指名し、彼による腹腔鏡手術で命を取り留める。
小西由香里[注 6]
演 - 雛形あきこ(第一夜 - 第二夜)
シングルマザー。第一内科で胃癌の再発と診断されたが、実際は膵臓の神経内分泌腫瘍であることが分かる。東が執刀することとなったが、途中で意識朦朧したため、助手の財前が変わって手術を続行し、無事終了した。
小西翔太
演 - 高村佳偉人(第一夜)
小西由香里の息子。
杉田寿広
演 - 中村育二(第三夜・第四夜)
佐々木商店の従業員。庸平の死後も佐々木親子を支える人物として描かれる。一方で、財前が示談金として1億6千万円を払う意思を示した時には、佐々木親子のこれからを心配し、「示談を受け入れた方がいいのでは?」とよし江に訪ねる。
葉山和子
演 - 長野里美(第三夜)
葉山幸彦の妻。
市田崇
演 - 酒井善史(第三夜 - 第四夜)
製薬会社のドイツ駐在員。
アナウンサー
演 - 島本真衣(テレビ朝日アナウンサー)[7](第三夜)
情報番組で財前にインタビューをするアナウンサー。
亀山富治
演 - 松尾諭(第四夜 - 最終夜)
亀山君子の夫。菊森鉄工業所勤務。
財前又一と国平が工場に訪れて口止め料を無理矢理渡す行為に激怒し、妻の君子が「浪速大学病院 医療訴訟事件」控訴審に原告側で出廷するきっかけを作った。
野田和夫
演 - 川野太郎(第四夜)
京都に5店舗ものドラッグストアを経営している社長。
野田華子
演 - 樋井明日香(第四夜 - 最終夜)
野田和夫の娘で柳原雅博の見合い相手。
見合い後は柳原宅に遊びに行くなど、彼との交際は順調に進んだ。柳原が高知に行くと決めた際は、彼に付いて行く。
裁判長
演 - 小須田康人(第四夜)
佐々木家が財前を訴えた「浪速大学病院 医療訴訟事件」第一審の裁判長を受け持つ。
安田太一
演 - 六平直政(最終夜)
肝臓癌で入院している患者。
財前によって手術が行われるものの、彼は佐々木庸平たちの幻影を頭によぎってメスが入りすぎて大出血を起こしたりコッヘル鉗子を落としたりと散々だったが無事終了する。手術後しばらくして腸閉塞にかかるものの、財前が駆け付けて手術は終了した。退院時は財前に感謝の言葉を述べるとともに、彼を訴えている佐々木家に天罰が下るとの言葉を残した。
裁判長
演 - モロ師岡(最終夜)
佐々木家が財前を訴えた「浪速大学病院 医療訴訟事件」控訴審の裁判長を受け持つ。
工場長
演 - 笑福亭鶴光(最終夜)
亀山富治が勤めている菊森鉄工業所の工場長。亀山富治を「亀やん」と呼んでいる。

スタッフ

放送日程

話数 放送日 ラテ欄[8] 監督 視聴率[9]
第一夜 5月22日 金か権力か!?天才外科医の闘い 鶴橋康夫 12.5%
第二夜 5月23日 命と権力が乱れる教授戦! 外科医の頂点へ 11.8%
第三夜 5月24日 天国から地獄!?財前疑惑のオペ 母子の涙 常廣丈太 12.2%
第四夜 5月25日 夫は財前医師に殺された!
遺族VS大学病院!!涙と衝撃の最終章
13.5%
最終夜 5月26日 財前五郎最期の闘い“これが死か!?”
母へ妻へ大切な君へ…感動の完結編
鶴橋康夫 15.2%
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

原作・過去の映像作品からの変更点

話数が田宮版・唐沢版と比べて大幅に少ないことから多くのエピソードが簡潔にまとめられていたりカットされている。特に第一審後以降が描かれている『続・白い巨塔』(文庫版の4・5巻)においては最終夜(第5話)に凝縮されている。

  • 柳原、関口、小西の下の名前が原作と異なる。また、財前の実母の名前がひらがな表記の「きぬ」ではなく、カタカナ表記の「キヌ」に変更されている。
  • 唐沢版と同様、杏子は花森ケイ子の存在を知っており財前の愛人でいることを認めている。(杏子曰く、女が何人いても構わないとのこと。)
  • 唐沢版と同様、財前家には子供がいないが、第一審後に子供を作らないかという話をしているシーンがある。財前が膵臓癌により死期が近付いたことで「子供は無理みたいだ」と杏子に詫びている。
  • 滝村名誉教授の喜寿記念パーティーのエピソードが本編の冒頭になっている。また、封筒の差出人の序列を巡る東と財前の一悶着がカットされている。また、滝村名誉教授は原作とは性格がかなり異なっており、認知症らしき症状を発症しているという設定が追加されている。
  • 原作の小西きくにあたる小西由香里の膵臓の手術は東が担当するが、途中で意識朦朧となり助手をしていた財前に代わる形で行われる。
  • 野坂教授が整形外科ではなく、脳外科の教授、さらに女性の設定となっている。(女性教授の起用はこれが初めて。)
  • 菊川教授と葛西教授の在籍している大学名が原作と異なる。
  • 国平は控訴審から財前の弁護を担当するが、今回は第一審から財前側の弁護士として登場する。また一審から河野弁護士と二人で担当している。(これは唐沢版と同様である。)
  • 佐々木庸平の死因が、財前が手術した癌に起因するものではなく、癌とは無関係の血管内リンパ腫が起因して発症した肝不全となっている(原作は癌性肋膜炎で、78年版は癌性胸膜炎、2003年版は食道癌の肺転移など、癌に起因するものであった)。ただし、「財前の誤った判断」が死につながったというのは共通している。
  • 関口弁護士がかつて河野法律事務所に所属していたという設定が追加されている。
  • 原作に無い描写として、第一審の前に財前側が示談金の話をするシーンが追加されている。
  • 佐々木庸平の葬儀に里見と柳原の二人が参列するというシーンが追加されている。出棺後、柳原のスマホに帰国の途に就く財前から連絡が来るが、柳原は恐れをなして応答しない。
  • 原作では里見は財前に佐々木庸平の死を知らせた際に二回電報を打っているが、今回は財前のスマホに一回メールをしたのみである。
  • 里見の妻・美知世が夫の証人出廷に反対するシーンは描かれるが、その一因となった「くれない会」からの恫喝はカットされている。本作では関口が自宅に来訪し、里見に原告側の証人として出廷して欲しいと頼まれるのを立ち聞きしたことが一因であった(もし証言すれば、大学に楯突くことになるため、そのことを心配して証人出廷を止めようとした)。
  • 裁判のシーンで原作では一審と二審で何人か鑑定人が出て来るが、今回は一切鑑定人が出てこない。
  • 東貞蔵は一度も裁判に出向いていない。
  • 柳原と野田華子との縁談は原作では控訴審の最中に行われているが、今作では第一審の最中に行われている。
  • 控訴審の最中、華子が柳原のアパートを訪れて手料理を作っているところへ関口がやって来る。柳原も華子も隠れてやり過ごすが、関口は柳原が中にいることをわかっており、窓越しに必死の説得を行い、アパートを去る。
  • 里見の再就職は原作では大河内教授の紹介によるものだが、今作は里見自身だけで行われている。
  • 第一審の後で佐々木商店が倒産し、その影響で息子・庸一が大学を中退するエピソードがカットされている。
  • 第一審の後で財前が出馬する選挙が世界外科連盟の理事となっている。当選する原作とは異なり、立候補の直前に財前が膵臓癌で倒れてしまったために出馬が取り消され、当選はしていない。
  • 後半で財前と里見の二人でケイ子のバーに行く時、原作では駅で再会した後に行くが、今回は裁判の後になっている。
  • 国平は控訴審では最初、亀山君子の自宅を訪れて口止めを図ろうとし、その数日後に夫の勤め先を訪問するが、本作では最初から夫の勤め先に訪れる。また、勤め先には財前の計らいで又一も同行する。
  • 柳原は原作同様、控訴審後に浪速大学病院を退職し、高知県の無医村に旅立つ。里見との学位論文についてのやり取りなども原作を踏襲しているが、無医村へは華子と共に旅立っている。また、原作では無医村の地名(高知県高岡郡檮原町)が出て来るが、今回は単に高知県のと言っているだけで、具体的な地名は出てこない。
  • 柳原が無医村へ旅立つことを里見に告げる場所が、里見の自宅ではなく、里見の新しい勤め先である関西がんセンターの食堂に変更されている。佐々木の死については「自分の優柔不断さが死を早めた」と語る一方、財前については一言も語らなかった。
  • 里見が柳原に、近畿労災病院(浪速大学退職後、東が院長を務める病院)への再就職を斡旋する流れがカットされている。
  • 財前が倒れた場所が原作では閉廷した後の法廷の中だったが、今作では敗訴が言い渡された後、判決文の途中で法廷を飛び出して記者に取り囲まれる時に倒れた。
  • 財前の癌が重度であるのに気付くのがこれまでは東による手術の時だったが、今作はCTスキャンの段階で判明している。
  • 原作同様、財前が里見の診察後に東の手術を受けるが、原作と違い、里見からはっきりと本当の病名(膵臓癌で、ステージⅣaかステージⅣb)を告知される。
  • 東による財前五郎の手術で治療不可能と判断した理由が膵臓癌から転移した腹膜播種になっており、東は金井准教授らの進言にやむなく同意し手術を打ち切る決断をする。術後の財前はその事を理解し、東も包み隠さずそれを認める。そのため財前が術後のカルテを探そうとするエピソードがカットされた。また、この手術には妻の杏子も立ち会っている。
  • 財前は癌に倒れた後、里見に自らの治療を行ってほしいと希望し(鵜飼が東の自宅で話している)、里見はこれを受け入れ、彼の臨終まで治療を続けた。
  • 唐沢版と同じく、死の間際に財前は大学病院の屋上にいるシーンがある。唐沢版ではケイ子と一緒にいるが、本作は里見と一緒にいる。ただし、唐沢版では夜中だったのに対し本作では夕方になっている。
  • 死期が近付いた財前が遺書として書いた手紙は、枕の下から見つかるが、今回は存命中に彼自らが里見に手渡している。
  • 財前の実母・黒川キヌは田宮版・唐沢版と同様、原作とは違い第一審後も存命。膵臓癌で死期が近付いている財前の臨終を看取って欲しいと杏子から電話で告げられるも、敢えてその申し出を拒否。その後、財前と電話で会話を交わす。これが最後の母と息子の会話となっており、劇中では一度も大阪に出向くことはなかった。
  • 財前五郎の最終的な死因は、膵臓癌を起因とする出血性脳梗塞である。
  • 原作にある新病棟の建設が今作でも行われているが、劇中では完成しない。(つまり財前五郎は完成を見ずに亡くなる。)
  • エンディングが田宮版・唐沢版よりも短くなっている。ストレッチャーに載せられる財前の遺体は田宮・唐沢同様に岡田本人が演じているが、布が頭部までかかっていなかったり、唐沢版とは異なり服がパジャマのまま、演じる岡田の顔がアップではっきりと映されるなどの相違点がある。
  • ラストシーンが、ストレッチャーに載せられた財前の遺体が運ばれるシーン(田宮版は病院の外、唐沢版は病院の中までで終わる)ではなく、生前病室のベッドの上で里見宛の手紙を書き終えた財前の姿に変更されている(書き終えた後、病室に里見がやって来る)。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 原作では柳原弘。
  2. ^ 原作では男女の表現はなかったが、過去の映像作品では全て男性として描かれており、明確に女性として描かれるのは本作が初めてである。
  3. ^ 原作では整形外科 教授。
  4. ^ 原作では浪速医師会。
  5. ^ 原作では関口仁。
  6. ^ 原作では小西きく。

出典

  1. ^ a b c d 産経新聞出版『月刊TVnavi』北海道版2019年6月号にて確認。2019年5月3日閲覧。
  2. ^ a b c “松山ケンイチ、「白い巨塔」で里見役!“財前”岡田准一と初共演”. SANSPO.COM. 産経デジタル. (2019年1月29日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190129/geo19012905030012-n1.html 2019年1月29日閲覧。 
  3. ^ ““財前”岡田准一の愛人に沢尻エリカ!「白い巨塔」で“妖艶な逢瀬”も(1/2ページ)”. SANSPO.COM. 産経デジタル. (2019年2月13日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190213/joh19021305050001-n1.html 2019年2月13日閲覧。 
  4. ^ a b c d “「白い巨塔」に小林薫、松重豊、岸部一徳ら豪華キャスト! 5.22から5夜連続放送”. SANSPO.COM. 産経デジタル. (2019年3月5日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190305/geo19030505020009-n1.html 2019年3月5日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “岡田准一版「白い巨塔」に小林薫、松重豊、岸部一徳”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. (2019年3月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903040000477.html 2019年3月5日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h “岡田准一主演『白い巨塔』5.22から5夜連続 全キャスト発表”. ORICON NEWS. oricon ME. (2019年3月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2130836/full/ 2019年3月5日閲覧。 
  7. ^ “岡田准一主演『白い巨塔』 第三夜にテレ朝・島本真衣アナ出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2135791/full/ 2019年5月23日閲覧。 
  8. ^ 該当各日『朝日新聞』テレビ欄。
  9. ^ “岡田准一主演「白い巨塔」5話すべてで2桁の高視聴率 第5夜15.2% 6回目映像化も根強い人気”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年5月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/27/kiji/20190526s00041000308000c.html 2019年5月27日閲覧。 

外部リンク