白いリングへ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白いリングへ
ジャンル 育成シミュレーション
対応機種 スーパーファミコン
開発元 ポニーキャニオン
発売元 OPERA HOUSE
人数 1 - 2人
メディア ロムカセット
発売日 1995年10月27日
テンプレートを表示

白いリングへ』は、ポニーキャニオンから発売された日本ゲームソフト。正式名称は『女子プロレスSTORY 白いリングへ Twinkle Little Star』。

概要[編集]

プロレスを題材としつつも、対戦アクションゲームではなく育成シミュレーションゲームに重点を置いた作品。実在する女子プロレス団体『LLPW』の公認と、大仁田厚が当時率いていたインディープロレス団体『FMW』の協力によって製作され、ゲーム中に登場する各団体の主要選手は全て実名で登場する。

当時のスーパーファミコンでは縁の薄かった育成シミュレーションゲームであり、さらに題材が女子プロレス界でのサクセスストーリーということも手伝って、ドットで描かれた緻密なキャラクターグラフィックを前面に押し出していたが、世間はすでにプレイステーションセガサターンPC-FXなどの32bitハードが次世代ゲーム機規格の覇権を争う時期だったため、ユーザーのスーパーファミコン離れが進んでいたことに加えて、ゲームソフト自体の販売価格など様々な問題を抱えていた。

システム[編集]

本作には1人専用の『ストーリーモード』と、2人でのシングルマッチあるいはタッグマッチが可能な『対戦モード』の2つがある。

『ストーリーモード』は、ゲーム開始後に主人公のプロフィール設定画面に入り、名前以外の各項目の選択によって細かな初期パラメーターが決定される。本編に入ると、1か月単位のスケジュールの中で団体所属レスラーを1週間に付き1人選択してトレーニングを指導してもらい、パラメーターの増加や技の取得を行う。プロテストに合格した後は正規軍、反乱軍どちらに身を置くかを選択し、ベビーフェイス(技巧中心)かヒール(パワー中心)かを選ぶようになり、それによって受けられる指導内容に違いが現れるようになる。

『対戦モード』は、ゲーム中の登場キャラクターを選択、操作して対戦する方式ではなく、各自が育成したキャラクターのクリアデータを専用バンクに登録、またはバンク登録したキャラクターのデータを変換したパスワードを入力、登録することで初めて対戦が可能となる。

主な開発スタッフ[編集]

登場するプロレスラー[編集]

LLPW[編集]

FMW[編集]

藤原組[編集]

外部リンク[編集]