登龍峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
登龍峠
登龍峠展望台から島の北半分を望む
登龍峠展望台から島の北半分を望む
標高 320 m
所在地 東京都八丈町
位置 北緯33度06分49秒 東経139度50分09秒 / 北緯33.11361度 東経139.83583度 / 33.11361; 139.83583座標: 北緯33度06分49秒 東経139度50分09秒 / 北緯33.11361度 東経139.83583度 / 33.11361; 139.83583
山系 八丈島
通過する交通路 東京都道215号八丈循環線
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

登龍峠(のぼりょうとうげ)[1]東京都八丈町にある国土地理院の表記では登竜峠であるが、一般には登龍峠と書かれることが多い。名称の由来は、この道を下から見るとが天に登るかのように見えることからという。

八丈島の南東部に位置し、東白雲山の北北東にあたる。東京都道215号八丈循環線が通過しており、前後は曲がりくねった坂道となっている。

頂上には展望台が設けられており、八丈富士、神止山、八丈小島、底土港(神湊港)、三根市街が一望できる。晴天時には三宅島御蔵島まで見渡せる。その優れた眺望から「登龍峠の展望」として新東京百景のひとつに選定されている。

脚注[編集]

  1. ^ 「登龍」の読み方は八丈島内部の地区や個人によって異なる。仮名書きとしては「のぼりょう、のぼりゅう、のぶりょう」の3通りが考えられる。これらの読み方の存在は検索して確認できる。

参考文献[編集]

  • よくばりコースガイド 伊豆大島・三宅島・八丈島・御蔵島 (東海汽船発行 2010年4月)

外部リンク[編集]