登静江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

登静江(のぼる しずえ 1961年11月5日 - )は石川県七尾市出身[1]のタレント・女優。旧芸名は登亜樹子(のぼる あきこ)。

人物[編集]

身長166cm(1982年当時)[1]埼玉県立岩槻高等学校卒業[1]。デパートや電機メーカーなどのCFモデルなどを務めた後、1982年テレビ朝日の刑事アクションドラマ『西部警察 PART-II』において、約500人の応募の中から[1]主人公大門圭介の妹・大門明子役(保母)に抜擢され、同作の第2・第3シリーズの主要キャストとして出演。この西部警察シリーズがドラマデビュー作となった[1]。その後、同局『ただいま絶好調!』第7話にゲスト出演した。

デビュー当初の「登亜樹子」という芸名の名付け親は石原裕次郎[1]。その後は本名である「登静江」名義でタレント・モデルの活動を行っている。主にコマーシャルの出演が多い。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 週刊テレビ番組(東京ポスト)1982年6月4日号 p.34