登別中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

登別中継局(のぼりべつちゅうけいきょく)は、北海道登別市登別温泉町にあるテレビ中継局。なお、ここでは、同じ登別温泉町にある「NHK登別四方嶺テレビ中継局」、登別駅の近くにあるミニサテライト局・登別東中継局、登別市中心街にある幌別中継局、室蘭市との境界にある鷲別中継局もあわせて記述する。

登別中継局[編集]

登別中継局

デジタルテレビ放送[編集]

リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
1 HBC
北海道放送
15 1W 3.2W 水平偏波 北海道 約3,000世帯 2008年
12月1日
2 NHK
室蘭教育
13 全国
3 NHK
室蘭総合
21 胆振日高
5 STV
札幌テレビ放送
25 3.1W 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
17
7 TVh
テレビ北海道
23 3W
8 UHB
北海道文化放送
27

アナログテレビ放送(廃止)[編集]

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
4 NHK
室蘭総合
映像3W/
音声750mW
映像4.4W/
音声1.1W
垂直偏波 胆振・日高・
後志管内黒松内町
約1,200世帯 1967年
11月10日[1]
6 STV
札幌テレビ放送
映像4.4W/
音声1.1W
北海道 1967年
11月11日[2]
10 HBC
北海道放送
映像4W/
音声1W
12 NHK
室蘭教育
映像4.1W/
音声1.05W
全国 1967年
11月10日[1]
49 TVh
テレビ北海道
映像10W/
音声2.5W
映像32W/
音声7.9W
水平偏波 北海道 -
51 HTB
北海道テレビ放送
映像31W/
音声7.7W
1973年
9月12日[3]
53 UHB
北海道文化放送
  • かつてはHTBが24ch、UHBが26ch、TVhが22chで送信されていたが、2005年8月に物理チャンネルが変更された。これは、室蘭デジタル送信所の開局に伴う混信の発生を回避するための対策である(アナアナ変換)。現在、室蘭デジタル送信所では22chはHBC、24chはNHK総合、26chはTVHが使用している。
  • 放送エリアは、登別市と白老郡白老町の各一部地域。但し、デジタル放送とエリアは多少異なり、こちらの方が放送エリアは若干広い。

FM放送[編集]

周波数 放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
84.9MHz NHK
室蘭FM
1W 1.45W 水平偏波 胆振日高
後志管内黒松内町
-
  • 登別テレビ中継局の旧VHFテレビ送信施設に併設されている。
  • FM放送はVHF帯の周波数を使用するため、登別中継局のVHFテレビ放送波の偏波面を考慮するとFM放送は垂直偏波での送信となるが、実際には水平偏波での送信となっている。
  • 放送エリアは、登別市の登別温泉地区・登別駅前地域と白老郡白老町の虎杖浜温泉地区(登別、登別東各テレビ中継局のエリアを含むが、登別中継局のデジタルテレビとは異なり、FM放送の方が放送エリアは若干広く、アナログテレビ放送よりもエリアが多少広い。)。幌別・鷲別の各テレビ中継局受信エリアでは、FMラジオ放送は室蘭送信所でカバーされている。
  • AIR-G’NORTHWAVEは中継局を設置していないが、AIR-G’は室蘭送信所(89.4MHz、出力は全局250W)を聴取できることが多い。この場合NHK-FMも同様に室蘭送信所(88.0MHz)が受信可能である。(高性能アンテナの使用で札幌送信所(80.4MHz、出力は全局5kW)が受信できる場合もある。この場合はNORTHWAVE(82.5MHz)も聴取可能である。また、この場合NHK-FMも同様に札幌送信所(85.2MHz)が受信可能である。)

登別市内他中継局[編集]

NHK登別四方嶺テレビ中継局[編集]

アナログテレビ放送(廃止)[編集]

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
30 NHK
室蘭教育
映像10W/
音声2.5W
映像450W/
音声110W
水平偏波 全国 - 1974年
12月3日[4]
32 NHK
室蘭総合
胆振・日高・
後志管内黒松内町
  • 2011年7月24日をもって廃止された。

登別東テレビ中継局[編集]

デジタルテレビ放送[編集]

リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
1 HBC
北海道放送
48 10mW 105mW 水平偏波 北海道 約1,000世帯 2010年
9月30日
2 NHK
室蘭教育
44 全国
3 NHK
室蘭総合
46 胆振・日高
5 STV
札幌テレビ放送
42 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
38 110mW
7 TVh
テレビ北海道
40 105mW
8 UHB
北海道文化放送
36 110mW

アナログテレビ放送(廃止)[編集]

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
35 HTB
北海道テレビ放送
映像100mW/
音声25mW
映像1.25W/
音声310mW
水平偏波 北海道 約600世帯
41 STV
札幌テレビ放送
43 HBC
北海道放送
45 NHK
室蘭総合
胆振・日高・
後志管内黒松内町
47 NHK
室蘭教育
全国
55 TVh
テレビ北海道
北海道
57 UHB
北海道文化放送
  • アナログテレビ中継局では、かつてUHBは33ch、TVhは31chで送信されていた。こちらも室蘭デジタル送信所開局に伴う混信対策により2005年8月から現在のチャンネルで放送されている。
  • 放送エリアは、登別市登別東町と登別港町の各一部地域。

幌別テレビ中継局[編集]

幌別中継局

デジタルテレビ放送[編集]

リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
1 HBC
北海道放送
15 300mW 790mW 垂直偏波 北海道 約8,300世帯 2010年
12月24日
2 NHK
室蘭教育
13 770mW 全国
3 NHK
室蘭総合
21 790mW 胆振・日高
5 STV
札幌テレビ放送
25 750mW 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
17 830mW
7 TVh
テレビ北海道
23 770mW
8 UHB
北海道文化放送
27 790mW

アナログテレビ放送(廃止)[編集]

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
19 TVh
テレビ北海道
映像3W/
音声750mW
映像8.1W/
音声2W
垂直偏波 北海道 7,874世帯 -
46 NHK
室蘭総合
映像8.3W/
音声2.1W
胆振・日高・
後志管内黒松内町
1973年
8月28日[5]
50 NHK
室蘭教育
全国
42 HBC
北海道放送
映像8.1W/
音声2W
北海道 -
44 STV
札幌テレビ放送
58 HTB
北海道テレビ放送
映像7.9W/
音声1.95W
60 UHB
北海道文化放送
  • TVhの中継局は、1996年冬に開局。

鷲別テレビ中継局[編集]

鷲別中継局

デジタルテレビ放送[編集]

リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
1 HBC
北海道放送
34 100mW 550mW 水平偏波 北海道 約10,300世帯 2010年
12月24日
2 NHK
NHK室蘭教育
32 520mW 全国放送
3 NHK
NHK室蘭総合
36 540mW 胆振・日高
5 STV
札幌テレビ放送
28 550mW 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
38 540mW
7 TVh
テレビ北海道
40 510mW
8 UHB
北海道文化放送
30 540mW

アナログテレビ放送(廃止)[編集]

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
14 TVh
テレビ北海道
映像1W/
音声250mW
映像7.2W/
音声1.8W
水平偏波 北海道 約3,500世帯
18 HBC
北海道放送
映像7.2W/
音声1.8W
48 HTB
北海道テレビ放送
映像23W/
音声5.7W
52 UHB
北海道文化放送
54 NHK
室蘭教育
映像23W/
音声5.7W
全国放送
56 NHK
室蘭総合
胆振・日高・
後志管内黒松内町
62 STV
札幌テレビ放送
映像22W/
音声5.6W
北海道
  • この中継局も室蘭デジタル送信所開局に伴う混信対策により、2006年6月からHBC以外は全チャンネルが変更となった。変更前と後のチャンネルは以下の通り。
    • NHK室蘭総合…32ch→56ch
    • NHK室蘭教育…34ch→54ch
    • STV…20ch→62ch
    • HTB…24ch→48ch
    • UHB…26ch→52ch
    • TVh…16ch→14ch

地上デジタル放送[編集]

中継局によって対応が異なるので、下記を参照。

  • 登別中継局…2008年に12月1日に開局。
  • 登別四方嶺中継局…2011年7月24日をもって廃止。
  • 登別東中継局…NHK室蘭放送局・民放とも2010年9月に開局。
  • 幌別中継局・鷲別中継局…NHK室蘭放送局・民放とも2010年12月に開局。
    • 登別東中継局・幌別中継局・鷲別中継局の民放は当初自力建設困難となっていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'68』 日本放送出版協会、1968年、233頁。 
  2. ^ 日本民間放送連盟(編) 『日本放送年鑑'68』 岩崎放送出版社、1969年、55頁。 
  3. ^ 日本民間放送連盟(編) 『日本放送年鑑'74』 千秋社、1974年、26頁。 
  4. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'75』 日本放送出版協会、1975年、313頁。 
  5. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'74』 日本放送出版協会、1974年、365頁。 

外部リンク[編集]