発荷峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
発荷峠
MG 1155s.jpg
十和田湖(発荷峠から)
標高 631 m
所在地 秋田県鹿角市小坂町
位置 北緯40度24分30.31秒 東経140度51分51.17秒 / 北緯40.4084194度 東経140.8642139度 / 40.4084194; 140.8642139座標: 北緯40度24分30.31秒 東経140度51分51.17秒 / 北緯40.4084194度 東経140.8642139度 / 40.4084194; 140.8642139
山系 奥羽山脈
通過する交通路 Japanese National Route Sign 0103.svg国道103号
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

発荷峠(はっかとうげ)は、秋田県鹿角市秋田県小坂町の境にある。標高 631m

概要[編集]

十和田湖の外輪山の南に位置する。北方の十和田湖の眺望は絶佳である。二重式カルデラの跡をのこす御倉半島と中山半島が湖面に伸びており、御倉半島では円頂上の御倉山(690m)が特にはっきりと湖面に影を写している。峠から湖岸の和井内に降り、休屋、子ノ口と国道103号が続いている。国鉄(現・JR東日本花輪線十和田南駅から、バスで1時間強の距離である[1][2]

発荷は「バッカケ」と同じで「ガケ坂」の意味である。峠から外輪山を西に行くと紫明亭展望台がある。ここは、十和田湖を一望のもとに眺められる場所として最高である[3]

松浦武四郎の記録[編集]

松浦武四郎は、1849年北海道からの帰りに十和田湖を訪れ、十和田湖から発荷峠を越えて、鹿角に達している。その時、詳細に記録を残している。

湖畔に沿って西に行くと小さな平原に出た。ここは、クマザサや樹木が多い。ここから250m程進むと水辺に華表が1基ある。左右に道が分かれていて、右は銀鉱山へ向かうあるかないかの道である。左の道を選び細い谷川に沿って谷間を500mから600mほど行く。つづら折りの道を17から18曲がりほど草の根を足がかりとして進むと、辛うじて草原の土地に到着する。ここを「ハッカノ坂」と言う。また、ここは駒留とも言い、鹿角から参詣に来た者はここで馬から降りて、馬を戻した場所であるからそういう名がついている。ここから十和田湖を見ると、湾がおよそ十ほど見える。これから十和田湖が十湾とも言われていることが分かる。

脚注[編集]

  1. ^ 『地名大辞典 5 秋田県』、角川書店、p.540
  2. ^ 2018年現在、バス路線はすでに廃止されている
  3. ^ 『秋田大百科事典』、秋田魁新報社、p.668

参考資料[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 5 秋田県』 角川書店、1980年3月8日ISBN 4-04-001050-7
  • 秋田魁新報社 『秋田大百科事典』、1981-秋田魁新報社。ISBN 4-87020-007-4
  • 『鹿角日記』、松浦武四郎

関連項目[編集]