発泡剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

発泡剤(はっぽうざい、英語: blowing agent[1][2])とは、製品中にを生じさせるために添加される薬品のこと。分解によりガスを生じる物質、またはそれ自体ガスとなる物質である。

起泡剤英語版[3]の一種であることから、しばしば「発泡剤」と「起泡剤」の語が混用されることがある[4][5][6]

主な発泡剤と原理[編集]

炭酸水素ナトリウム熱分解により二酸化炭素を発生

炭酸アンモニウム、熱分解によりアンモニア二酸化炭素を発生

利用[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Weblio 翻訳
  2. ^ blowing agentの意味・用例英辞郎 on the WEB:アルク
  3. ^ 泡の発生・維持を促進する界面活性剤などの総称。「起泡剤(きほうざい)とはブリタニカ国際大百科事典) - コトバンク」および「岩波理化学辞典」(第5版)、1998年」参照。
  4. ^ 起泡剤(きほうざい)とは日本大百科全書) - コトバンク
  5. ^ 起泡剤とは - Weblio辞書
  6. ^ 発泡剤(ハッポウザイ)とは - コトバンク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]