痛みの基準はハナゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

痛みの基準はハナゲ(いたみのきじゅんはハナゲ)とは、1998年から1999年頃にかけて、主にチェーンメールによって流布したジョーク。しかし、一部ではそれを真実と思い込む者がいたため、都市伝説とされることもある。

内容[編集]

国際標準化機構(ISO)によって、人間の痛みの感じ方についての統一単位「ハナゲ」(hanage)が制定され、「長さ1センチの鼻毛鉛直方向に1ニュートンの力で引っ張り、抜いたときに感じる痛み」が「1ハナゲ」と定義された、とするものである。鼻毛を抜いた時の痛みには性差や個人差はないことが発見されたため、ハナゲが痛みの単位に選ばれたとされる。スイスダヴォス・プラッツで開催された世界知覚認識学会で認定されたというものもある。

広まり[編集]

このジョークには「元ネタ」がある[1]やゆよ記念財団という、ネタとしてのニュースを執筆し公開しているwebサイトにおいて、1995年に発表された作品がそれである。さらに同サイトを運営しているやゆよがこのネタを初めて発表したのは1990年代前半のパソコン通信ニフティサーブのコメディフォーラムの「嘘情報」会議室にまでさかのぼる。

1998年秋、このネタはインターネットでチェーンメール化し、拡散し始めた。千葉県内の大学研究室のホームページに架空の研究報告を載せたことが発端であったとされる[2]。ジョークが広まるに連れて「『日本経済新聞』の(1998年)11月16日付朝刊に掲載された」といった具体的な「ニュースソース」が付加された[2]。外国通信社のニュースページを騙るサイトに、同内容の記事が1998年11月4日のワシントン発の外電で配信されたかのように掲載されたこともあった[2]

「ハナゲ」の提唱者としては2パターンがあり、それぞれ北海道大学医学部教授と室蘭市立医科大学教授(もしくは助教授)とされる具体的な人名が挙げられていたが、北海道大学によるとそのような名前の教授は在籍していないとのことである(1999年当時)[2]。なお「室蘭市立医科大学」という大学は実在しない。

ネタはその後、インターネット外でも広がり続けた。女優の室井滋は知人からこの話を聞き半信半疑であったが、実際に他の女優と鼻毛を抜き合ってみたところ明らかに痛みの感じ方に差があったため嘘だと気付いた、という体験談を発表している[3]。またBSフジが2000年12月から放送していた番組「宝島の地図」ではこのチェーンメールをもとに、「悪さ」「はかなさ」などの単位を作る「新しい単位」というコーナーが設けられた。後に出版された書籍版は「めざましテレビ」などで紹介され、30万部を超えるベストセラーとなった(その後、書籍版の第2弾とDVD版も発売された)。

実態[編集]

英語版ウィキペディアのen:pain scale(痛さの等級)の記事によると、痛覚の等級化には言葉によるもの(MPQ)・感覚的な目盛りによるもの(VAS・FRSなど)・特殊な器具によるもの(PainVision・Dolorimeter)など様々な手段が開発されている。しかし「ハナゲ」は学会で認められていない架空の単位である。

2007年になると、ニプロが電気刺激を利用し人間の痛みの最小限値を測定し、そこから痛みの感覚を数値で測定する機器「PainVision」を開発した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 糸井重里「おもしろサイト 伝説のハナゲ 山盛りのウソ」『朝日新聞』2000年(平成12年)4月7日付東京本社夕刊6面。
  2. ^ a b c d 「ウソや冗談、インターネットで化けた いたずらで転送重ね本当らしく」『読売新聞』1999年1月26日付東京朝刊、31頁。
  3. ^ 室井滋「すっぴん魂 連載176 ご存知? 1ハナゲ」『週刊文春』第42巻第2号、2000年1月20日、124-125ページ。
  4. ^ 事業報告書

外部リンク[編集]